2008年04月04日

先代犬が残してくれたもの

4年前、2年間の闘病生活の末に、先代犬チッチが16歳でこの世を去りました。
2年の間てんかん発作に苦しみました。
発作の頻度が次第に増し、一人にしておけず、私はやむなく仕事を辞めました。
自分の天職だと思い、乗りに乗っていた時だったので、かなり辛かったですもうやだ〜(悲しい顔)
その後は、チッチの具合を見ながら職場を変えたり、休んだり・・・
正直、仕事の時だけでも誰か代わりに看てくれる人がいたら、どんなに助かるだろうと思ったものです。

そして、彼女を亡くし、もう会えないと思った時、彼女が私に残してくれたものは何だろうって考えました。
彼女が生きた証を何か残したい・・・

ちっち1.jpg


そして、犬と暮らす人達が、より楽しく、安心して暮らせるお手伝いが出来る仕事をしたいと思い立ちました。
全く職違いなのですが・・・ふらふら

そして、4年間の努力が実り、先日ドッグシッターの資格試験に合格しました手(チョキ)

今まで夢だった事が現実になったわけですが、技術、知識共にまだまだなので、正直とってもしんどいです顔(汗)

ドロシーが我が家へ来る前からお世話になっているドロシーの主治医のU先生、しつけ方教室のK先生のお力をお借りしながら、自分の出来る事から少しづつ始めていくつもりです。

ちっち3.jpg


ニックネーム グリンダ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ドッグシッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい!!ペットシッターの資格を取得されたんですね。おめでとうございますグッド(上向き矢印)
私も去年11歳の猫を癌で亡くしました。そして1ヵ月後には18さいのワンコを老衰で亡くしました。猫ちゃんの時は、治療はやめ、家でのんびりと過ごさせてあげました。その時はまだ犬も居たので、いつも犬の隣で寝てましたよ。黒ハート亡くなる時も、丁度お盆で全員家にいたので、皆で見送る事が出来ました。すごく悲しかったけど、最後を一緒にいてあげられて本当に良かったです。ワンコの方は母が仕事に行ってる間に亡くなってしまいました。確かにペットシッターが近くにいたら、もっと安心できたかもしれません。18年間も一緒に過ごしてくれたのに、たくさん楽しい思い出をくれたのに(私が10歳の時から一緒にいたので)最後、一番苦しい時に寂しい思いをさせてごめんね。って気持ちでいっぱいでした。母は何度が仕事を休んでいたので、その日は休めず会社に行ったそうです。やっぱりペットシッターって必要ですよね。アメリカには結構普及してるそうですよ。グリンダさんも頑張ってくださいねexclamation×2
Posted by りんママちゃん at 2008年04月04日 09:17
資格試験合格おめでとうございます!
愛犬の介護を体験され、そこから自分の進むべき道を切り開かれたグリンダさん。
心から敬意を表します!
早速、お仕事スタートされたのですね!
相手が物言えぬペットなだけに、いろいろと大変なこともあると思いますが
とてもやりがいのあるお仕事だと思います。
いつもドロシーちゃんの躾に真剣に取り組むグリンダさんのこと、きっと信頼されるシッターさんになられることでしょうね!
がんばってくださいね!
Posted by はなくそねこ at 2008年04月04日 20:32
資格試験の合格、おめでとうございます!
ひっそりとそんなお勉強なさっていたんですね〜。
凄いです!
これで、グリンダさんがかつて苦しまれたことを、解消できる飼い主さんが増えるという事ですよね。
グリンダさん自身が、“こういう人がいたらいいのに”と思った体験をしているわけですから、きっとそういう飼い主さんに、きめの細かいフォローやアシストが出来る事でしょう。
大変な事もあるでしょうけど、頑張って下さいね!
Posted by あわ at 2008年04月04日 20:44
★ りんママちゃん様
 そうですか〜。18歳のワンちゃんの最後の時は、かなり辛い
 思いをされたのですね!
 勤めに出ていると、中々お休みが取れないですし、犬の為となると
 嘘をつくしかなかったり・・・
 本当に辛いですよね。
 アメリカにはかなり普及しているとはいえ、日本では中々厳しいのが現実です!
 あまり、厳しくて「このままの方が楽かも〜」ってめげそうになったりしています。
 しかし、一度目指した事ですので、頑張りますパンチ

★はなくそねこ様
 ありがとうございます。
 今はまだ準備段階です。準備も色々あって何をどうして良いのか、
 気だけが焦っております。
 この辺りでは、初のドッグシッターなので、何もかも初めてで・・・顔(汗)
 暫くは、今の仕事と両立さながら頑張るつもりです。

★あわ様
 ドロシーの躾もシッターの為の勉強でもあったのです。
 先ずは、犬を知ることからですから・・・
 ドッグシッターは愛犬家には絶対に必要な存在だと思っています。
 特に、パピーのトイレトレーニングや老犬の介護‥
 しかし、初めてづくしで厳しいのが現実ですね。
 私が出来る事から頑張りますパンチ
Posted by グリンダ at 2008年04月05日 21:53
 合格おめでとうございます!しばらくパソコンから遠ざかっていたので、今日ブログ見てびっくりです。グリンダさんの強い思いが合格に導いたのですね。私はまだ辛い思いを体験していないので、漠然と凄いなと思っているだけですが、きっと犬を飼っている人のお役に立てる仕事だと思います。ドロシーちゃんも喜んでいるのでは? どんな勉強をされたのですか?実は先日短大に入学した娘が、卒業したら犬に関係する仕事してみたい、専門学校へ入りなそうかと言ったりしてるものですから・・
差し支えなければ教えてくださいね。
 お仕事頑張ってくださいね。
 
Posted by manamama at 2008年04月10日 22:31
★ manamama 様
 ありがとうございます!!
 新しい事を一から始めるのって大変で「このままの方が楽だわ〜」って
 くじけそうになりますが、もう後戻りは出来ない気がします。
 先代犬が見守ってくれているようで・・・
 ドロシーも応援してくれているのかな〜???(笑)
 お知りになりたい内容については、メールをさせて頂きますね。
Posted by グリンダ at 2008年04月12日 20:33
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1339074
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック