2008年09月03日

子供の遊び相手にケアンテリア!?

8月のある日の事です。
知人からペットシッターの仕事を紹介して頂きました。

事前訪問時、彼女は二人の幼い息子さんを連れて同行してくれました。
「私は、犬は好きなんだけど、この子達犬が苦手なのよ〜もうやだ〜(悲しい顔)
訪問先では、トイプードル君がとってもフレンドリーに出迎えてくれたのです。
そこで、すっかり気を許してしまった私達。
ところが、子供を見るなり、吠えるまくり、飛びつきながら攻撃をしかけて来たのですがく〜(落胆した顔)
どうやら、そのトイプードル君、子供と会う機会が無かったようです。

私のせいで子供たちに酷い思いをさせてしまったわけです顔(泣)
子供達の心に傷を残したまま帰ってもらうわけには行きません。

そこで、ドロシーに助けを求める事にしましたGood
 ドロシー母 「おばちゃん家にも犬がいるの。ちょっと吠えるけど、
        子供と遊ぶのが大好きなんだよ。家に来る?
 子供達   「うん、行く行くるんるん
誘いに乗ってくれた素直な子供達わーい(嬉しい顔)

子供大歓迎のドロシーは、張り切って一発芸を幾つか披露Clap
そして、ボール遊びを始めると、初めは恐る恐るドロシーを見ていた子供達も「僕が投げるよ〜」って二人でボールの取り合いが始まりましたパンチ
kodomo4.JPG

子供が投げる速さや方向が予測不可能なボールに、すっかり夢中になるドロシーるんるん
何処に投げても、目の前に「ほら投げろ」って必ずボールを持ち帰るドロシーを相手に楽しくてたまらない子供達顔(笑)
kodomo3.JPG

kodomo2.JPG



ドロシーが子犬の頃、小さい子供達と遊んだ事が良かったようですね。
今考えると、かなり危険を犯した事もありましたが・・・顔(なに〜)

ドロシーと子供達の遊びは、お互い楽し過ぎて、どちらか倒れる迄続く程の勢いです。

必ず大人が見ていて、コントロールしてあげないと、かなり危険ですねexclamation×2

最後には「また遊ぼうね〜るんるん」って握手しました。
下

kodomo1.JPG

後日談ですが、お兄ちゃんが夏休みの絵日記に3ページもドロシーの事を書いてくれたんですってexclamation×2
「僕は、やっぱり犬はチョッと苦手ですが、ドロシーだけは大好きです黒ハート」って
ドロシー、やったね手(チョキ)

ニックネーム グリンダ at 00:06| Comment(2) | TrackBack(0) | ケアンテリアという犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お兄ちゃんの絵日記の言葉がかわいくて嬉しいですね〜
レモンもお散歩中のボール遊びタイムに、よく子供達と遊びます。
ドロシーちゃんと全く同じ感じです。
子供達がボールを投げる順番を巡って喧嘩にならないように気を付けねばならないところも一緒です(笑)
Posted by あわ at 2008年09月04日 00:49
★あわ様
 レモンちゃんもボール遊びの達犬ですものね♪
 犬好きとしては、一人でも多くの人に犬好きになって
 欲しいものですよね。
 特にこれからの子供達に犬好きになってもらえれば、人間社会における
 犬の地位も向上するのではないかと思います。
 私たちの愛犬がそういう事に貢献出来たら嬉しいですね!!
Posted by グリンダ at 2008年09月06日 20:45
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1484094
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック