2008年09月30日

「吠えろ〜」「ヤメ〜」自主トレ中

本日も絶好調で、けたたましく吠えまくる我が家のドロシーあせあせ(飛び散る汗)

wan2.JPG

「腹から声出すな〜やかましい〜ちっ(怒った顔)

ってついつい叫びたくなってしまいます。

こんなおしゃべりなドロシーですから、全く吠えないようにとは望みません。それではストレスが溜まっておかしくなりまねませんから。
また、こんな物騒な世の中、テリアの本領は発揮して欲しいものです。

しかし、吠えるのを止めて欲しい時は速やかに止めて欲しい
それが今一番の母の願いです。

何年も前から、繰り返しやってきてはいるのですが、ここで再び強化トレーニング中です。

「吠えろ」という声による合図を検討してみました。
「スピーク」なんて格好良いGood
しかし、どうもドロシーは「スピン」してクルッと回ってしまいます。
犬は人間の言葉を聞き分ける事は苦手ですから・・・ふらふら

「こんにちワン」は合図としては長すぎるようです。
そこで、「ワン」に決めました。ハンドシグナルも考えました。

「ワン」下

wan4.JPG

そして「止め」は「シッ」と短くしました。
「シー」だと「シーシー」=オシッコと間違えそうですから・・・顔(チラッ)

一か月のトレーニングの成果はといいますと、
チョッと吠えだしたくらいなら「シッ」で効果てき面手(チョキ)

「シッ」下

wan3.JPG

しかし、しだいに興奮し始めたり、彼女にとって刺激が強すぎる場合は全くコントロール不能に・・・顔(なに〜)

この、興奮しやすい性格にはホント手を焼いております顔(泣)

ニックネーム グリンダ at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 吠え癖の解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
グリンダ 様、今晩は。

昔、Lilyに訓えた特技を思い出しました。
奈良のマンションで吠えてはいけないので
今も殆ど吠えませんが、自分の名前を
呼ばれた時に反応するように特訓しました。

病院などの呼び出しで「Lilyちゃん・・・
○×Lilyちゃん・・・○×さん」と呼ばれると
チンチン〜片手を前に出し、ワン!と一声。

他の患畜さんに関心されていました。

田吾作は真似をしますが、
この時ばかりは吠えません。
ケア−ンはコントロ−ルが難しいですが
ぜひ頑張ってください。
Posted by Tago-Lily at 2008年10月01日 02:15
そうなんですよね〜。
興奮が頂点に達してしまってからだと、コマンドが効かないんですよね〜。
レモンも最近ようやく、見慣れないわんこに会った時のガウガウが、「だめ!マテ!」のコマンドで我慢できる時も見られようになってきました。
てか、まだその程度ですふらふら
でも出来るようになるときは、いきなりやって来るものだから、諦めちゃいけないんですよね。
いつか必ず、出来るようになると信じてお互い頑張りましょうね。
Posted by あわ at 2008年10月01日 21:51
うちも旦那が帰ってくる時間は絶対吠えます。あと、インターホン。
あれは何度叱ってもダメです。叩かないけど、ゲンコツする振りをすると辞めますが、何だかそれもねぇ〜(≧_≦)
Posted by りんママちゃん at 2008年10月03日 11:15
★Tago-Lily 様
 小さなLilyちゃんのチンチン〜ワンなんて可愛いでしょうね〜!!
 ドロシーは同じ調子で繰り返していると、直ぐにセットで覚えて
 しまったりして・・・
 本当にかなり難しいですね!!

★あわ様
 小型テリアって直ぐに興奮が頂点に達しやすいようですね。
 興奮が頂点に達してしまってからのコントロールは不可能だと聞きました。
 事前に対処する事が肝心だそうですが、反応が速すぎて難しいですね。
 本当に努力あるのみですね。

★ りんママちゃん様
 りんちゃんは旦那様が帰って来られるのは嬉しいんでしょうね!!
 しかし、どんな理由であれ人間社会で住んでいるからにはキチンと
 人間社会のルールを守ってもらわないと困る事が多々ありますよね。
 家は叱ったりしたら、またそれが楽しくなって、益々吠え続けるタイプですね。
Posted by グリンダ at 2008年10月03日 20:33
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1511758
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック