2009年06月10日

折角のお利口さんが・・・

六月ももう三分の一が過ぎてしました。早いですね〜exclamation×2
相変わらずバタバタ毎日を過ごしております。

そして、本日も絶好調なドロシーと、時間のある時は出来るだけゆっくりとした時間を過ごせるように努めております。

ある晴れた晴れ朝、ゆっくりとお散歩に出かけた時のことです。

いきなり初対面の方に声をかけられました。
「まあ〜珍しい犬ね〜exclamation&question 何て種類?
「あらあら、ペロペロはダメね。」(かなり厳しい様子だふらふら

色々と話も弾んだので、ドロシーにチビチビとご褒美を上げながら「オスワリ」のキープに勤めました。

その方は、東京で犬と暮らしていた経験があるそうで、田舎の犬飼のマナーの悪さを嘆いておられた。
 「だいたい、犬がジッとしていられなくて、犬の散歩中に話も
  出来ないんだから〜むかっ(怒り)
  全く、どっちが主導権握っているんだか・・・」
かなり力説されていた。

ところが、ずっとお利口さんだった筈のドロシーがいきなり吠えだしたのです顔(汗)
彼女が見ている先には、一人の大人と二人の子供。

何と、彼女は二人の子供がぶら下げているレジ袋に向って吠えていたのですexclamation×2
揺ら揺らと揺れるレジ袋が、相当怪しく彼女の眼には映ったようです。
吠え始めたからには、そそくさとその場を退散するしかなかったのですが・・・

良い子だと思っていても、何か気になる物を目にした途端、いつもこんなふうで困ってしまいますもうやだ〜(悲しい顔)

本日のお散歩もこんな様子で・・・

gennsyu1.JPG

ドロシー」と呼んでみても、心ここに在らず。

gennsyu2.JPG

ケアンテリアはテリアの中でも非常に古い犬種。
犬のしつけ方教室のK先生曰く
「原種に近いって事は、コントロールが難しいって事なのよ」ですって顔(なに〜)


ニックネーム グリンダ at 00:50| Comment(4) | TrackBack(0) | ケアンテリアという犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドロシーちゃんの行動は、容易に想像がつきます。
レモンも似たような行動を取る事がしょっちゅうありますもの。
先生のお言葉も、ケアンのことを色々調べている時に目にした覚えのあるお言葉です。
だからケアンという犬種を知ったうえで映画の「オズの魔法使い」のトトちゃんを見て、本当に凄いと思いましたもの!

確かに田舎の犬飼いのマナーは良いとは言えないけど、ある程度の大らかさが許容される環境で暮らせる犬は幸せだと最近思うんです。
どこまで躾けるかどんな風に躾けるかは周りの環境によって変わってもいいんじゃないだろうかと、思います。
ガチガチに躾ける事だけが正しいわけではないと思うんです。
愛犬と自分達が困らないための最低限の躾を見極めるのが大事かなと思います。
Posted by あわ at 2009年06月11日 14:44
★あわ様
 犬の躾けについては、私もあわさんと同じ意見です。
 自分達と愛犬が困らずに、楽しく生活する為のルールを決めて、
 それを上手に伝えていければ良いと思います。
 ガチガチになってしまったら、よい関係は築けないと思います。
 都会に行くと、多くの犬が飼い主さんと良い子で人混みの中を
 お散歩しているのを見て驚いてしまいます。
 しかし、それはその環境に慣れているという事もありますよね。
 家はお散歩に出ても誰にも会わない事が良くありますからね(涙)
Posted by グリンダ at 2009年06月13日 23:28
こんばんわー。
ケアンの集い、もうすぐですねー。
体調整えています(^^)/

ビニールのフワフワしたもの、すっごく怖がりますよねー。
躾というより本能だと思うんですよー。
だから、スーがいくらガウガウしたってあんまり怒れないんですよねー。
スーパパにも言えることですが・・(^_^;)
Posted by おいど at 2009年06月16日 21:54
★おいど様
 こんばんは♪
 ケアンの集い、明後日ですよ〜!!
 本当に楽しみです♪

 ドロシーは凄んでいるくせに、実はとっても臆病なんです(笑)
 突然、何に驚いて吠えているのかわからない事がしばしばあります(涙)
 こういった場合、怒ってもどうにもなりませんからね。
 スーパパさんもフワフワした物が苦手ですか?
Posted by グリンダ at 2009年06月18日 23:13
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1756875
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック