2009年09月15日

久々にマラセチア外耳炎!!

昨年の夏頃は色々と体調不良続きだったドロシーでしたが、今年は正に絶好調〜パンチ って思っていた矢先。

marasetia 1.JPG

先週木曜日の晩の事、必死に耳を引っ掻いているドロシーを発見目
耳の中を点検っしてみると、茶色の臭〜い耳垢が・・・がく〜(落胆した顔)
右耳は引っ掻いて赤くなっていて、少し熱感がありました。

シャンプーの度に耳浴しているし、大した事無いかも・・・
「お金もかかるし、少し様子見ようかな顔(チラッ)

そして、次の日は毎月頂いているフィラリアのお薬と、フロントラインのみお願いしてみたものの、やっぱり診察して頂く事に・・・

診断名は『マラセチア外耳炎』
「酷くならないうちで良かったね〜」とU先生に言われ、
そういえば、 一昨年の12月もやっぱり同じ病気になり、かなり重症で中々治らなかったのですもうやだ〜(悲しい顔)

ドロシーの場合、原因は抵抗力がまた落ちているのかも・・・
そして、アレルギー体質なんだな〜って思います。

ドロシーの食事は、アレルギー対応のフードに、アレルギー特別療法食のヒルズのd/dを混ぜているのですが、最近調子が良かったので、d/dをかなり少なめにしていました。

点耳薬を処方して頂いて、もう赤いブツブツも消えて調子良いようですGood

marasetia2.JPG

久しぶりにU先生にお会いしたので、色々な話をしました。
そして、このシルバーウィークにドッグシッターの依頼を頂いた件についても、親身にアドバイスをして下さいました。

この日は、「外耳炎になってくれてありがとう、ドロシー」という思いでしたわーい(嬉しい顔)


正直、今回依頼のあった仕事はかなり大変です。
5日間と長い期間である事。
15歳のシェルティというなかり高齢犬である事。
そして、中々彼が私を受入れてくれないのです。
しかし、家で留守番する事が彼にとってベストであるり、家族の方が協力的である事から現在試行錯誤しながら準備を頑張っています。
U先生は「お断りする勇気も必要よ」ともおしゃって下さいますが・・・

ニックネーム グリンダ at 21:34| Comment(3) | TrackBack(0) | ドロシーの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひどくなる前でよかってですね。
病気には気を使いますよね。
なってからではかわいそうだし・・・
最近はフィラリア予防の薬やフロントラインぐらいならネットで買うようにしてます。
常備ひつようなくすりは大体そろいますよ。
ペットくすりhttp://www.petkusuri.com/
Posted by at 2009年09月16日 00:12
立ち耳の子はお耳の病気になり難いと思っていましたが、体質が関係してなってしまうんですねぇ。
早くキレイに良くなるといいですね。

高齢犬のペットシッターかぁ。
大変そうだけど、やりがいも得られ物もありそうですね。
ご家族の方々、高齢のわんちゃんを置いて出かけるのは心配でしょうね。
てか、そのわんちゃんが一人でいる時間の方が長そうなのが他人事ながら気になりますが、だからと言って他人や他の場所をなかなか受け入れられないわんこを無理にペットホテルに預けるのは、かえって大きなストレスになるでしょうからね。
シェルティさんが快適に過ごすお手伝い、頑張って下さいね。
Posted by あわ at 2009年09月16日 00:14
★あわ様
 ありがとうございます♪
「ペットのくすり」HP見てみましたが、こんなに安いんだ〜!!って驚きました。
 フロントラインは良いけど、フィラリアは内服前の検査が必要ですよね。
 先代犬は耳が寝ていたので、神経質になっていましたが、まさかドロシーが
 外耳炎になるなんて・・・(涙)
 アレルギーだけで無く、脂漏性の体質でも皮膚炎になってしまうんですね!!

 シェルティちゃんは、本日最後の事前訪問でしたが、一日一日少しずつ
 変化はあるものの中々気を許してはくれていないようです(冷汗)
 しかし、大きな変化は差し出した私の手の甲をペロンって舐めてくれた事です(涙)
 困っている私の素直な気持ちをお話したのでしが、ご家族の方から
 「是非お願いします。」と言って頂きんました。
 もう、頑張るしかありません。
Posted by グリンダ at 2009年09月16日 23:45
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1836644
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック