2009年09月24日

シルバーウィークのお仕事は・・・

シルバーウィークに頂いたドッグシッターのお仕事は、シェルティのクッキー君(14歳)のお世話を5日間させて頂きました。

クッキー君 下
siruba- 1.jpg

14歳とは思えないほど若々しくて可愛いんですよ〜ハートたち(複数ハート)

昨日鍵を返しに伺って、ご家族とくつろぐ彼の安心した姿を見て正直ホッとしましたわーい(嬉しい顔)

実は、事前打ち合わせに伺った時に、一時間吠え続けていた彼でしたふらふら
色々話しを伺ったところ、彼の一番好きな事は、どうやら家の中で、大好きな家族とゆったりくつろぐ事のようです。
なので、その中の私の存在すら彼にはストレスになっていたわけですがく〜(落胆した顔)
(お散歩大好きなワンちゃんなら、きっと一緒にお散歩すれば直ぐに心を掴む事が出来るのに・・・もうやだ〜(悲しい顔)

とっても悩んだ末、ドロシー父にも励まされて、とにかく出来るだけの努力はしてみようと決意しましたパンチ

先ずは、少しでも私を受け入れてもらう事。そして、あまり彼の体に触れないようにお世話させて頂く準備をする事でした。
ご旅行前のお忙しい中でしたが、クッキー君のご家族の方は協力して下さいました。

そして、その後毎日通わせて頂き、一日一日クッキー君が私を受け入れてくれている様子が見られたものの、警戒心が全く無くなったわけではありませんでした。
本当なら、ご家族と同じ方法でお世話させて頂くのが理想なのでしょうが、今回は不可能な事が多かったです。
そこで、ご家族の方と良く話し合い、結局お仕事をお受けする事にしました。

その後、お世話に通ううちに、時間はかかったものの、彼なりに頑張って私を受け入れてくれたようで嬉しかったです。
結局「少しは顎の下を撫でても良いけど、しつこくすると『ウ〜』だよ」って感じでしょうか顔(ペロッ)

また一つ仕事を終え、また一つ経験が増えた事を嬉しく思います。
これからも、決して無理をし過ぎる事無く、謙虚な気持ちで、自分が出来る事と出来ない事をしっかり伝えていく事が大切だと思います。

今回、ご協力頂いた、クッキー君のご家族の皆様、U先生、クッキー君の主治医のM先生、そしてドロシー父に感謝いたします。




実はクッキー君のシッターに伺う予定の前日の晩の事。
何と・・・10年ぶりに39度代の熱を出してしまったのですがく〜(落胆した顔)
「こここれは・・・ものかしたら新型インフルエンザ〜あせあせ(飛び散る汗)

早速、シッター当日に受診したら「ただの夏風邪ですねexclamation」って
熱も直ぐに下がったし・・・
しかし、頭痛が酷く、仕事以外はグッタリ
そんな時、ドロシーの優しかった事っていったら顔(メロメロ)
ずっと母に寄り添って昼間からお利口さんでしたよGood

そんなドロシーの為に、一日だけ公園にボール遊びに出かけました。

siruba-2.JPG




ニックネーム グリンダ at 23:38| Comment(4) | TrackBack(0) | ドッグシッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドロシーちゃんは優しいですね。
レモンはドロシーちゃんとは性格的に、よく似た所がたくさんあるけど、こういうところは大違いです。
レモンは飼い主に厳しいと常々思うんですよね。

老犬介護をなさっている方で、付きっ切りの介護でなかなか落ち着いて自分自身の病院へ行ったり、買い物へ行ったりができないと言う方がいて、ペットシッターさんを頼んでみたら?と言ったら、他人を受け入れられない子だから…と、どうしても他人にお世話を頼む事に躊躇があると言う方がおりました。
確かにわんこも年を取ってくると頑固にもなるし、元々他所の人が好きではない子は、年を取ってますます他人を受け入れ難くなるのかもしれないけれど、グリンダさんのような誠実なシッターさんに巡り会えたら、かなり飼い主さんは心強いと思います。
わんこの気持ちを把握して、どう接してあげれば他人を受け入れない子でも、ストレスを軽くしてあげられるか、そこまで考えて対応してくれるのであれば、やっぱりご家族の方も協力を惜しまないと思います。
て言うか、そもそも協力を要請しているのはそのご家族の方ですしね。
無事にクッキー君のお世話を終えられて良かったですねわーい(嬉しい顔)
これからもその調子で頑張って下さいね!
Posted by あわ at 2009年09月26日 02:47
★あわ様
 励ましのコメントをありがとうございます!!
 あわさんからコメントを頂いて本当に嬉しいです!!
 私としては、あわさんが言われるような、老犬介護で困っていらっしゃる方の
 お手伝いがしたいという思いが強かったのです。
 (自分が辛い思いをしましたから・・・)
 しかし、今回の経験を通して、年を取ったワンコとの付き合い方の難しさを
 改めて実感しました。
 また、同時に、一生懸命私を受け入れようとしてくれていたクッキー君が健気で、
 とっても可愛かったんです。
 今回の経験を次につなげていけるように更に努力したいと思っています。

 ドロシーねぇ。普段は暴れん坊将軍の筈なのに不思議でした!?
 本当に一時はごはんを上げる事がやっとでしたからね・・・
 彼女の優しさなんでしょうか?
Posted by グリンダ at 2009年09月28日 21:02
ブログアップありがとうございました。「誠心誠意」という言葉を久しぶりに味わった感ありのシッターぶりに感謝感激の依頼人でございますぴかぴか(新しい)依頼時の裏話を拝見してあせあせ(飛び散る汗)そんなご苦労を露とも知らず、我々は送られてきたクッキーの可愛いい姿に大喜びして転送三昧、お陰様でよい思い出を作ることが出来ました。初めてペットを持ち、今や家族となったけれどやはり旅行となるといつもクッキーの心配をする昨今でした。良い出会いがあったなあと嬉しく思います。ペットシッターの必要性をもっともっと皆さんにお知らせする一助になりたいと思いました。ありがとうございました。
Posted by ありさん at 2009年09月30日 16:49
★あり様
 早速コメントを頂きありがとうございます。
 シッターの裏話をブログに載せて、あり様にご迷惑になりはしないかと
 悩んだのですが、正直に書かせて頂きました。すみません。

 この度は本当にお世話になりました。
 色々とご協力頂いた事に感村いたします。
 そして、クッキー君が元気で過ごしてくれた事と、あり様に喜んで頂けた事を
 本当に嬉しく思っております。
 まだまだ、経験不足な私ですが、常に進歩し続けたいと思っております。
 人間と犬が共存していく為、ドッグシッターの仕事は絶対必要だと思って
 始めた事です。
 (子供の頃からの凄い犬バカですから・・・)
 もっともっと大勢の方に知って頂けたら本当に嬉しいです。
 また、何かありしたら気軽にお声をかけて下さいね。
 今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by グリンダ at 2009年09月30日 22:50
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1844753
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック