2012年09月28日

逃走癖(-_-メ)

我が家のドロシーの一番困っている問題点。
それは、逃走癖ですもうやだ〜(悲しい顔)

tousou4.JPG
  上こんな風にボールなどに集中している時は良い子です

散歩中、腰が抜けたようになって動けなくなるような恐怖がく〜(落胆した顔)を幾度も味わったり、大会でも幾度となく恥をかき続けてきました顔(なに〜)
ですから常々とても気を付けていたのですが、先日久々にやってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

tousou2.JPG

散歩中、ドロシーがチョッとリードを引っ張った瞬間スルリとカラーが抜けてしまったのです
「やっちまった〜がく〜(落胆した顔)」ってフリーズした母の顔を見ながら、「やった〜ひらめき」と嬉しそうな表情を浮かべたドロシーるんるん
逃げられた〜あせあせ(飛び散る汗)
「ドロシーオイデ〜」って言ったところで止まるわけありませんちっ(怒った顔)

母を思いっきり引っ張りながら走るアリスドロシーの行く手を遮ってくれて、事なきを得ました顔(汗)

tousou1.JPG

逃走癖をつけてしまった原因はハッキリしています。

何も知らなかったとは言え、まだ呼び戻しも出来ない仔犬の頃に広い公園に連れて行き、ノーリードで他犬と遊ばせたり、更にそこで大好きなボールに向かって走って行って、サッカー少年に遊んでもらったりと勝手に走って行っては楽しい経験を沢山してしまったのです
お陰さまで子供を大好きな犬には育ってはくれましたが・・・

逃走癖をつけてしまった事は、ドロシーを育ててきた過程で、本当に取り返しがつかないほどの大失敗だったと反省しています。

ですから、アリスに対しては慎重です。
今のところ、「オイデ」に対しての反応はかなり良いアリスですが、大好きなハードルの練習中など気分が高揚すると「オイデ」が聞こえていないようだし、まだまだ油断は出来ません。

tousou5.JPG

「オイデ」は愛犬の命を守る一番大切な言葉なんですから・・・


ニックネーム グリンダ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3285745
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック