2007年01月08日

ドロシーと出会って、早くも一年!

本日、雪の予報だった、ここ新潟。
しかし、この辺りは朝からみぞれ混じりの強風が吹き荒れ、少し積もった雪もほとんど解けてしまいました。

確か一年前の今日は忘れもしない大雪でした。
待ちに待ったケアンテリアを迎えに行く日。
大雪で凄い路面状態だった県内の高速道路を越え、埼玉県の川越市まで車を走らせました車(セダン)
そして、やっと我が家へ迎えた小さなケアンテリア
ドロシー父がドロシーと命名。
(“オズの魔法使い”を知らなかった父は、単なる思いつきで
  理由はなかったらしい)

最初1.4sだった体重も5.7sに増え、毛の色も変化し、艶も出てきた
ドロシー

     itinenn1.jpg  右  itinenn2.jpg
3歳位になると、最高に綺麗になるそうです。

この一年間、難治性の病気を幾度かクリア。
とんでもない悪戯をして、獣医さんのお世話になり、幾度母は青ざめた事か・・・
そして、小さな体からは想像もつかない程の、体力と運動能力。
並みの忍耐と体力ではこの犬とは暮らせない事を思い知らされましたがく〜(落胆した顔)

しかし、ドロシーの溢れんばかりのパワーと陽気な性格に、我が家はどんなに賑やかになった事でしょうわーい(嬉しい顔)

犬が大好きで、犬のしつけを勉強したい母にとっては最高のパートナーですGood

ちょっと難しい事ではありますが、『牛も千里馬も千里』と申します。
ドロシーが大勢の方から「こんな犬と暮らしたいexclamation×2」と言って頂ける事を目標に、これからも一歩一歩進んで行くつもりですパンチ
 
  そして・・・ itinenn3.jpg

ニックネーム グリンダ at 23:13| Comment(6) | TrackBack(0) | ケアンテリアという犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます鏡餅
今年も小梅ともども、よろしくお願いします黒ハート
ドロシーちゃん、今年も元気いっぱいですね顔(笑)
クリッカーやってますか?
小梅は色々宿題が山積みです…顔(汗)
また一緒にレッスンできる日を楽しみにしてまするんるん
Posted by 小梅ママsakko at 2007年01月09日 00:27
それはおめでとうございます!!
ケアンは一生のうち7回毛替わり
すると言われております
3歳の頃のトムから想像させていただくと
つやつやぴかぴかの美しい被毛を
たたえた美犬になると思いますぜ
ただ顔の山賊はそのままかも(笑)


Posted by よーきーろん&らっこNAO at 2007年01月09日 00:28
てっきりドロシーちゃんて「オズの魔法使い」のドロシーちゃんからお名前頂いたんだと思っていました。
偶然なんですね。
オズに出ていたトト君はとってもお利口さんですよね。
きっとドロシーちゃんもどんどん良い子になっていくに違いありません。
だって「オズの魔法使い」を知らなかったのにドロシーちゃんて名前になるなんて、きっとお利口になる運命なんですよ顔(笑)
ドロシーちゃんは仔犬の頃とそんなに大きく色合い変わりませんね。
レモンは仔犬の頃の写真をアップした時、『その子は誰ですか?』と聞かれましたよ(笑)。
仔犬の頃はドロシーちゃんの仔犬時代とそっくりで、鼻と口の周りが黒かったんですけど、ご存知のように今はその面影がありませんからね。
Posted by あわ at 2007年01月09日 00:37
★小梅ママ様
 あけましておめでとうございます!
 こちらこそよろしくお願いいたします。
 小梅ちゃん頑張っていますね!
 クリッカーは家でボチボチやっておりますが、
 暫くレッスンをお休みしたもので・・・顔(ペロッ)
 今年初めてのレッスンを予約しました。
 また、お会い出来るのを楽しみにしています!

★よーきーろん&らっこNAO様
 はっはっは、顔の山賊ね顔(イヒヒ)
 なるほど面白い表現ですね!
 ホント、そのせいで上目使いで見られると凄みがあるんですよ!
 女の子なのに困ってしまいます。
 まあ、愛嬌でもありますが・・・
 しかし、被毛の状態は良いようなので、美しくなってくれる事と
 期待しているのですが。

★あわ様
 途中から皆さんきっと“オズの魔法使い”から頂いたと
 思っていらっしゃるのだろうなぁと思いました。
 本当に映画に出演していたトト君はお利口さんでビックリしましたね!
 犬が違う!って思いました。
 名前負けせず、お利口さんになって欲しいものです。
 本当に以前拝見したレモンちゃんの仔犬時代の写真は
 ドロシーとそっくりですよね!
 ドロシーもこれからどのように変わって行くのか楽しみですわーい(嬉しい顔)




Posted by グリンダ at 2007年01月10日 00:43
グリンダ 様、今晩は。

ドロシ−ちゃん1周年おめでとうございます。そしてお疲れ様です。
かなり小さい頃にお迎えになったのですね。
田吾は売れ残りの3箇月過ぎでした。幼年期の悪戯は想像を超える事
ばかり、少し大人しくはなりましたが何時もハラハラさせてくれる犬ですね。

難治性の病気・・・気になりますね。
どのような症状でしょうか?
お大事にどうぞ。
Posted by Tago-Lily at 2007年01月10日 02:06
★Tago-Lily様
 ありがとうがざいます。
 ドロシーは生後50日で我が家の一員となりました。
 最初は吠える事も無く、素直な良い子でしたよ!
 田吾作君、生後3ヶ月からしつけというと、かなり大変だったでしょうね!

 病気の件につきましては、かなり大げさな表現になってしまって、
 失礼しました。
 中々治らなかった腸炎と膀胱炎ですので、ご心配なさらないで下さいね。
Posted by グリンダ at 2007年01月11日 13:11
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/675748
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック