2007年02月13日

またまたドロシーとの危うい関係

日々ジャンプ力を鍛え上げ、高い所へと上がりたがる
我が家のドロシー   takai1.jpg

以前からテーブルの上にピョンって平気で上がってしまう事が“いけない事”と中々教えられずに困っていましたもうやだ〜(悲しい顔)
最近、ようやく「降りなさい」で直ぐに降りるようにはなったのですが・・・

そして、最近では母の許可も無くより高い所に上がり、くつろいでいる有様ですちっ(怒った顔)
 (注) 母の許可があって高い所に上がるのは決定なのですが・・・

ドロシーは高い所から母を眺めながら
「ここで良いの〜?」  takai2.jpg

「私上で良いの〜?」  takai3.jpg
と自分の立場を確かめているのでしょう。

犬はその家庭における自分の階級を1〜3歳までで決めてしまうようです。

悪びれもせず、高い所から眺めるドロシーを見ては下ろし、また上がりとまるでエンドレスです顔(え〜ん)
「まあいいか〜」と面倒になってしまう気持ちを抑えながら、
頑張るこの頃ですパンチ  takai4.jpg

ニックネーム グリンダ at 23:28| Comment(8) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レモンなんか高い所に上りまくりです。ソファの背もたれがレモンの定位置になっちゃってます。
でもテーブルの上は厳しくNG!です。
レモンがソファの背もたれに上る理由はそうしないと窓の外が見えないからで、上位を狙ってのものではないみたいなので良しとしてますが、本当は下ろしたほうがいいのかしらね。
Posted by あわ at 2007年02月14日 02:14
★あわ様
 最近読んだ資料によると、犬との関係作りで重要な事は、
 飼い主がそれぞれの資源に対してどのような価値を見出しているのか、
 犬に正しく明確に、そして一貫して伝える事なのだそうです。
 そのためには、 犬にとって価値ある資源(食べ物、ベッドなど)を
 飼い主の管理下におく事が必要になります。
 その為、例えばソファーに上がる事がいけないわけでは無く、
 勝手に上がらず、事前に飼い主の許可を得てからソファーに
 上がる事が重要になります。
 そうする事で、ソファーは飼い主にとって貴重な資源である事を認識します。
 このルールは、犬に対して自分は偉いんだという態度を見せつけて、
 自分が権力者である事を犬に理解させるためではありません。
 人間の行動に一貫性を持たせるためと、人間の資源にたいする
 価値観を犬に理解させるためであるとの事。
 
 間違いがあるといけないので、
 ほとんど資料を引用させて頂きました。

 要するに人間と犬が生活の中で衝突することなく、快く過ごす為に、
 各家庭の中でルールを決めて、それを実行していく事が
 重要なのだと思います。

 但し、テーブルの上はどんな理由があれ、
 危険ですし絶対にいけない事ですが・・・
Posted by グリンダ at 2007年02月14日 22:51
我が家では椅子までは許容範囲です
テーブルの上までは
絶対に上がらせないように
していますよん。

ケアンって俺が俺が
あたしがあたしがっていう
自己主張が強いから
結構こういうのってありますよね。

・・それよりも
家の場合は車に乗ったときの
ハコ乗りをやめさせねば(笑)
Posted by よーきーろん&らっこNAO at 2007年02月14日 23:43
★よーきーろん&らっこNAO様
 ケアンって、やっぱり自己主張の強い犬種なんですね。
 しかし、私達の良い関係作りの為頑張らなくてはなりません。
 
 本当に車の中は危険ですものね。
 ドロシーは車の中ではバリケンの中です。
 バリケンから出したらかなり危険な状態です。
 一度身に付いた行動を改善する事って大変ですよね。
 頑張って下さいね。
Posted by グリンダ at 2007年02月15日 22:34
グリンダ様、今晩は。

ドロシ−ちゃん不安定な位置に良く留まっていますね。
田吾は重くって無理かな。

躾上、人間を上から見下ろすのは良く無いでしょう。

我が家では椅子、ベット、たまにテ−ブルの上に乗っていますが
怪我さえしなければまあいいかな?って思っています。

テ−ブルに乗るのは取上げた玩具等を取り(盗)返す行為で
<自己主張でしょう>←さすがに叩いて怒ります。

ベッドは幼年期には夜中にゴソゴソ暴れて悪魔状態でしたが、
今では大人しく寝ておリ成長した(少しは落ち着いたんだなぁ)って感じです。

ケアンは適度に躾をして、出来る限り自由気ままにしてやりたいものです。
Posted by Tago-Lily at 2007年02月15日 23:58
★Tago-Lily様
 お返事が遅くなってすみません。
 身の軽いドロシーですが、最近少し太り気味で困っております。
 好きだからとミカンを食べさせ過ぎたのがいけなかったようで、反省です。

 私はケアンの活発で明るい性格が大好きです。
 本当に一緒にいて楽しい犬です。
 ですから、模範的な良い子になって欲しいとは思っていません。
 ただ危険を回避できて、一緒により楽しく過ごせる為の
 躾が出来たら良いと思っているのです。

Posted by グリンダ at 2007年02月18日 22:41
初めまして。ミニチュアシュナウザーのオリバーと暮らしている
オリママと申します。
実は、ドロシーちゃんと同じサロンに通っていてナイフでのトリ
ミングをお願いしてました。でも名古屋に行くと携帯電話頂いてもうやだ〜(悲しい顔)
私も近いうちに先生にナイフの使い方を教えて頂く予定です。
ナイフ、いかがですか??慣れました?
突然お邪魔して、質問攻め〜すみませんあせあせ(飛び散る汗)
Posted by オリママ at 2007年02月19日 13:02
★オリママ様
 ご訪問頂いてありがとうがざいます。
 私も今回の件では大分まいっております。
 やっぱり、ストリッピングして頂いた被毛は違いますよね!
 いつも先生のお陰と感謝しておりましたのに・・・
 ナイフの使い方を教えて頂き、家でやっておりますが・・・慣れません
 しかし、自力で頑張るしかないので・・・
 良く教えて頂いて、先生に感謝しております。
 家はケアンなので、取り合えず抜きぬきさえ出来れば、
 あとは多少ボサボサでもそうにかなりますが、ミニチュアシュナウザーは
 かたち作りも大変ですよね!

 近くにお住まいなんですね!
 これからもよろしくお願いいたします。
Posted by グリンダ at 2007年02月20日 00:05
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/718823
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック