2007年07月28日

世界で一つだけのドロシーのお洋服!!

チャームポイントの泥棒顔も手伝ってか、いつも男の子に間違われてしまう我が家のドロシーもうやだ〜(悲しい顔)

こんなドロシーなので、可愛いらしいお洋服なんて似合うわけないと信じ込んでいましたし、ドロシーも嫌がるので、正直お洋服はいらないと思っていました。
その為、お洋服がすっかり苦手になってしまったドロシー。

しかし、冬道の散歩でのレインコート、よそのお宅にお邪魔する時に(抜け毛が落ちない)マナーの為のお洋服、そしていづれ老犬になった時の防寒具等を着る事は必要ですね。

そこで、6月のケアンのオフ会の時に、WANは最高のグリフィンママさんに相談しました。
ドロシーちゃんだって可愛いお洋服は似合うわよexclamation」と言われ半信半疑だったのですが・・・

ジャ〜ン        youhuku1.jpg
昨日届きました。世界で一つだけのドロシーのお洋服わーい(嬉しい顔)
お洋服が苦手なドロシーの為にデザインも考えて下さいましたGood 
犬にとってのお洋服の必要性はともかくとして、
ただ単純に、可愛くドレスアップした愛犬と一緒に出掛けるのも楽しい事だと思いませんかるんるん 

ニックネーム グリンダ at 22:06| Comment(8) | TrackBack(0) | ドロシーの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

人生はいろいろ!!

人が大好きな我が家のドロシー
お散歩中、チョッとでも声をかけてもらおうものなら、「私と遊ぶ?」と期待をこめて相手の顔をジ〜目と見つめるのです。
そこで「オイデ」の声がかかっなら大変な事に・・・がく〜(落胆した顔)

昨日も散歩中の事。
「ワァ〜可愛いな〜ワァ〜」とやけに高いティンションで声をかけてきたおじさん。
「バ〜バ〜」と変な素振りでドロシーをはやし立てるのです。
待ってましたとばかりに、はしゃぎ回るドロシー犬(足)

そして、ドロシーに近づくわけでは無く
 おじさん 「大変だねexclamation お散歩もあるし。イヤ〜大変だexclamation
 ドロシー母「楽しいですよ〜るんるん
 おじさん 「俺にはわからないな〜。最も子供の手が離れてしまえば
       何もする事がないからね。
       今度必要な時教えて下さいね。」
 ドロシー母「???」

つまり、おかしな考えをした暇人に見られたらしい・・・

人生はいろいろ。自分の価値観で他人の事情まで勝手に決め付けて、ペラペラしゃべって欲しくないものですちっ(怒った顔)

ドロシーと楽しいはずのお散歩が、
不愉快なものになってしましました。  iroiro1.jpg

しかし、犬に全く興味が無い人に、犬と生活する楽しさをわかってもらおうと力説しても無理な事ですもうやだ〜(悲しい顔)
それより、「これだから犬はイヤexclamation」と決して言われないよう努力する必要のある

私達なのですが・・・           iroiro2.jpg

ニックネーム グリンダ at 23:27| Comment(3) | TrackBack(0) | ドロシーの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

ドロシーの健康管理の為に・・・

ドロシーと出会ってから、本を読む機会が多くなりました。
次々と続発する問題解決の為なのですが・・・ふらふら

先日、 「今に一人でお散歩に行くんだ」のチャーリー母様編集の「老犬との暮らし方」を購入しました。
ユーモアたっぷりで楽しいブログを書かれているチャーリー母様です。
とっても、楽しく読ませて頂きました。

獣医さんが書かれた本で、専門的な内容なのですが、細かく噛み砕いてあり、素人にもわかりやすく書かれていると思います。

タイトルは老犬・・・ですが、ドロシーの日々の健康管理、罹りやすい病気の予防、
病気の早期発見に役立つ事間違い無しですGood kennkou2.jpg

しかし、先代犬を亡くす前に、この本に出会っていたら、もっと穏やかに最後を看取ってあげられたのにと思いましたもうやだ〜(悲しい顔)

巻末に記載されている「虹の橋」。何度読んでも、涙が溢れます。
愛犬が先に亡くなっても、天国の少し手前の「虹の橋」と呼ばれる所で飼い主を待っていてくれて、再会出来る。という「虹の橋」伝説。
インディアンの詩から来ているのだとか・・・
私もこの伝説を信じてどんなに救われた事でしょう。 kennkou1.jpg



ニックネーム グリンダ at 23:27| Comment(4) | TrackBack(0) | ドロシーの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

仔犬の社会化レッスンのお手伝い!?

先日、しつけ方教室で生後37日目のケアンテリアの仔犬と初対面を果たしたドロシー
「どんなお姉ちゃんぶりを発揮してくれるかしら顔(イヒヒ)」と
ウキウキ気分の母でした。
ところが・・・
?・・・いったい何なのさ」        taimenn2.jpg
いぶかしげな表情を浮かべ、あまり興味を示さないドロシー
「もっと喜ぶと思ったのに・・・ちっ(怒った顔)」    taimenn1.jpg

対する仔犬達・・・
「このお姉ちゃん、危険な香りが・・・」  taimenn3.jpg
暫く遠巻きに、ドロシーウォッチング目
ドロシーが危険では無いと察知したこごめちゃん
ドロシーのリードを引っ張ったり、    taimenn4.jpg
じゃれついたり大騒ぎ。
すっかり調子に乗りすぎ、「ウ〜むかっ(怒り)」とドロシーの怖そうな一声。

それに引き換え、足をカジカジされても、taimenn5.jpg
ひたすら耐えるインストラクター犬のあき先生、さすがですClap


ドロシーは仔犬達に「怖いお姉ちゃんもいるので気をつけようexclamation×2」と
教えるにとどまっただけなのでしょうか。

ドロシーが我が家に来たのは、生後47日目。
甘噛みが酷くて随分悩みましたもうやだ〜(悲しい顔)
フェアリーなこの子達が、あと10日すると流血事件を起こすほどになるとは到底思えません。
ドロシーは筋金入りのワルかも知れませんね顔(なに〜)


ニックネーム グリンダ at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | ドロシーの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

犬にも歯磨きは大切な事!!

愛犬に長生きしてもらう為、歯磨きも欠かせない事の一つです。

歯周病、そしてやがては歯槽膿漏になると、全身の病気を引き起こす
きっかけになりかねませんがく〜(落胆した顔)

そこで、我が家のドロシーも幼い頃より歯磨きをする習慣を身につける為、
努力してきました。             hamigaki1.jpg

仔犬の頃は、口に近づく物は何でも噛み噛みしていたので、そのまま徐々に歯ブラシを口の中に入れ、動かすようにして始めました。

ところが、この頃今までに無く、激しく拒否するようになったドロシーふらふら
このまま歯磨きを嫌いにするわけには行きません。

そこで、考えたのは、子供用のイチゴ味の歯磨き粉をチョッとだけ使う方法ですGood
ドロシーはイチゴが大好きなので・・・
この春どれ位食べた事か・・・(勿論ご褒美としてですよわーい(嬉しい顔)

この方法で、歯ブラシをお口の中に入れるのは、
チョッとスムーズになったようですexclamationhamigaki2.jpg

綺麗に磨く事が出来るまでには、まだまだ時間がかかりそうですが、
少しずつ無理せず頑張りますパンチ  hamigaki3.jpg

ニックネーム グリンダ at 22:56| Comment(4) | TrackBack(0) | ドロシーの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

外の世界は刺激がいっぱい!!

仔犬の頃、抱っこして散歩を初め、 社会化レッスンに励む我が家のドロシー犬(足)

しかし、1歳半になった今でも、     soto2.jpg
外の世界は不思議な事だらけで、   soto3.jpg
刺激がいっぱいexclamation            soto1.jpg

散歩中、母がちょっとボ〜として歩いていようものなら、直ぐに刺激的な物に向かって吠えるは飛びつくはの大騒ぎあせあせ(飛び散る汗)

そこで、お散歩中はドロシーの好物と、大好きなボールをしっかり抱え「あ、マズイがく〜(落胆した顔)」と思ったら透かさず「ドロシー、いい子exclamation」 右 ご褒美
を通り過ぎるまで繰り返えします。

吠える前に、見ても吠えなかった事に対しての、ご褒美を上げるようにしているわけです。

そして、少しずつではありますが、
効果が現れているようですGood      soto4.jpg
こちらに向かって吠えたり、すれ違うワンちゃん達には決定です。

しかし、雀のチュンちゃん、カラスのガー子ちゃん、けたたましい音を出して通り過ぎるバイクはドロシーにとってかなり刺激的な様子。
風になびく旗etsもかなり苦手ですね顔(汗)

まだまだ、緊張しながらの、ドッと疲れる散歩なのです。
しかし、生まれてウン十年、かなり刺激の少ない生活を送っている母にとって、ドロシーと一緒に歩く世界は、かなり刺激的で楽しいのでするんるん不思議ですね顔(笑)
ニックネーム グリンダ at 11:50| Comment(4) | TrackBack(0) | ドロシーの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

ドロシーとドライブをする時は・・・

ドロシーと通う「犬のしつけ方教室」へは、家から約130kmの道のりです。
この遠い道のりを、ドロシーと一緒にドライブしているわけです。
これから暑い季節晴れ
犬は人間よりず〜と熱射病になりやすいので、
十分な注意が必要ですパンチ     kuruma1.jpg

しつけ方教室に向かって車を走らせていた、ある晴れた日の事。
コンビニに立ち寄りウロウロしていると、突然「あ〜目
シェパードの訓練士のT先生とバッタリお会いしました。
 ※ドロシーがまだ我が家に来る日を心待ちにしていた頃。
  「犬の事を教えて下さい」と突然おしかけて行き、
   とってもお世話になったのです。
   訓練士歴約40年のT先生は、見た目はシェパードそっくりで顔(イヒヒ)
   優しい方です


「何処で会うかわからないね〜」とすっかり話が弾んでしまいましたわーい(嬉しい顔)

一足先にコンビ二から出て、車の中のドロシーの様子をジ〜と見ていたT先生
 T先生  「これじゃあ車の中暑いよ」
 ドロシー母「チョッとの時間だからと思って・・・」
 T先生  「ダメダメ 暑さには十分気をつけなきゃ。
       それから、バリケンはしっかり固定させないと
       ダメだよ。犬が疲れるから

固定しないと犬が疲れるだなんて
知りませんでしたふらふら           kuruma2.jpg
ほんのわずかな時間でも、しっかりアドバイスをして下さいました。
久々にT先生にお会いしたドロシーもとっても嬉しそうでした。
ドロシーと一緒にいると、本当に
嬉しい事が待っているようですねGood  kuruma3.jpg

ニックネーム グリンダ at 22:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ドロシーの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

尻尾はピ〜ン、なのに実は・・・!?

チョッと前まで勇敢な女の子のはずだった我が家のドロシー
ところが、最近かなりのビビリである事が判明したのですがく〜(落胆した顔)

いかなる時でもピ〜ンと立っている  seikaku1.jpg
尻尾に惑わされていたのか?     seikaku3.jpg
それとも、ドロシーが大人になり、世間の怖さを知った為か?

そのビビリのドロシーと一緒に、連休明けの獣医さんに出かけました車(セダン)
連休明けの病院は思ったとおりの混雑ぶり

他のワンコと交流する機会があまり無いドロシーなので、このチャンスを逃すわけにはいきません。
早速社会化レッスン開始ですパンチ

ケージの中で大人しく休むドロシーを外に出し、少しずつお隣のチワワ君に接近です。
少し目を合わせただけで「ウ〜ワンワンッ」と吠え、興奮しそうになる2頭顔(汗)
 1少しずつチワワ君を見るようにして、見ても吠えないうちに
    「いい子」右ご褒美
 2見ても驚かない様子だったら、少しずつ距離を近づけていって、
    吠えなかったら「いい子」右ご褒美
慎重に繰り返す。
お互いに気が合った様子はなかったものの、何とか隣で落ち着いて座っていられるようになりました決定

ところが・・・
突然待合室に入って来たワンコが1頭。かなりのツワモノと思われる表情をしたミックス君です。
その姿を見て、吠えまくるチワワ君とドロシー顔(え〜ん)
ケージの中に退散しても興奮冷めやらず、必死で胸を撫でて
やっと冷静になれたドロシー      seikaku2.jpg

まだまだ緊張した状態のドロシーに対して
「さあ、この子にも慣れようね」と言ってみても「ダメダメ怖いよ〜」といった状況に陥らせてしまったようですもうやだ〜(悲しい顔)
これではむしろ逆効果になってしまいますね。

少しずつ慎重にドロシーが怖がるものを克服していく必要がありますねGood

 

ニックネーム グリンダ at 23:31| Comment(6) | TrackBack(0) | ドロシーの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

ドロシーの命綱が外れた時!?

本日も絶好調なドロシー犬(笑)       
真面目にお散歩レッスンをしようと、イージーウォーカーを着けて

お散歩に出かけました。         tuna3.jpg           

人気のない道をトボトボ歩いていると、神社の方からギィギィと響いてくるブランコの音に、立ち止まって耳を傾けるドロシー
するとそこに、3人の中学生と1人の可愛い女の子が登場。

みんな犬が大好きな様子で、「キャー可愛い」「オイデ〜」などと大騒ぎるんるん
そんな中、ドロシーのテンションは最高潮爆弾
子供達に「オイデ〜」と言われ「ハイハイハイヨ」とばかりに駆け寄り(こんな時だけむかっ(怒り)
お得意な芸を披露し、もう大騒ぎどんっ(衝撃)

はしゃぎすぎた為か、イージーウォーカーが外れかけてしまって、慎重に直し始める母。

ところが、次の瞬間母の手をスルッと抜け、猛スピードで走り出したドロシーがく〜(落胆した顔)
「オイデ〜オイデ〜」と叫びながらドロシーを追いかけて行く子供達。
「みんな〜追いかけないで〜」と叫ぶ母。
しかし、ドロシーも子供達も止まらない顔(なに〜)
すると、車が一台「ギャー」そしてまた車が一台「ギャー」。
止まって頂きご迷惑をおかけしているが頭を下げる余裕さえない。

途方にくれた母の気持ちなど察する様子も無く、号令など全く無視し、調子づいて走り回るドロシー
暫くして、ふと冷静な表情に戻って立ち止まり、母をジ〜っと見つめた目ドロシー
「ところであんた、何しているのさ?」といったように母に近寄る。
ここで叱るわけにはいきません。
ホッとしながらも「もう〜あんたはちっ(怒った顔)」と叫びたい気持ちを抑え、「良い子ね〜。ドロシー」と大袈裟に褒める。

しかし、腰が抜けたようになり暫く立ち上がる事が出来ない情けない母。
「大丈夫exclamation&question 走ってごめんね」と口々に謝る子供達。良い子達です。
「逃げる犬を追いかけると、ますます逃げて捕まえられなくなるから気をつけてねexclamation
自分の間抜けさを棚に上げながらも、犬好きな子供達に一言言いたかったので・・・

イージーウォーカーのしめ方が緩かったのか、激しい動きで外れやすいのか・・・
とにかく次回からは安全の為、カラーも一緒に着けて出かけたいと思います。
ドロシーの回りには危険がいっぱいですので・・・tuna2.jpg
ニックネーム グリンダ at 15:38| Comment(2) | TrackBack(0) | ドロシーの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

ストリッピング初挑戦!

昨日3ヶ月ぶりに、母の親友Kさん愛犬のモモちゃんが遊びに来ましたわーい(嬉しい顔)
ドロシーを一目見たKさんは「大きくなった〜exclamation 顔デカイexclamation×2」とギャハハの大笑い。  (体重は変わらないんですが・・・)
何とモモちゃんは、ガタガタ震えが止まらず、大きな目を更に見開き目
ママに「抱っこ抱っこ」とせがみ、とうとう約2時間抱っこして
過ごしました顔(汗) teire2.jpg

S先生にお手入れして頂いて、2ヶ月が経過しました。早いものですね。
少しずつ下毛は抜いていたのですが・・・
そこで、本日ストリッピング初挑戦パンチ
S先生に撮らせて頂いていた動画を見て、いくりんさんから送って頂いた資料を何回も読んで、可愛いケアンの写真をよ〜く見ながら約3時間頑張りました。
良い感じで上毛は抜けていたようですが、肛門周囲をバリカンで少し傷つけてしまいました顔(ペロッ)
その後母に牙を向け、決してお尻を見せてくれないドロシーですもうやだ〜(悲しい顔)

早速S先生に写メールを送り、お褒めのメールを頂いたのですが・・・

teire3.jpg    右     teire1.jpg

ニックネーム グリンダ at 23:12| Comment(4) | TrackBack(0) | ドロシーの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

ドロシーはチョイ悪ワンコ!?

愛犬ドロシーとのコミュニケーションが円滑になり、ドロシーとの生活をより楽しく充実させる為、ドロシーと一緒に頑張る日々ですパンチ

ところが、最近のドロシーには        tyoiwaru1.jpg
困った問題が続発。
 1「中々やるなexclamation」という感じの犬に出会うと、先手必勝とばかりに吠えかかる。
 2挨拶の時、自分は相手のお尻の匂いを嗅ぎながら、相手が嗅ぐのを嫌がる。
 3しつこいほどのマーキング。
どうやら、大きいのは顔だけでは無いらしいのですふらふら

母に対しても、分かっている筈の号令を無視する事が多くなり、全く調子付いているとしか思えない態度ちっ(怒った顔)
しつけ方教室のK先生曰く、ひとえに母の甘やかしすぎが原因。

そして、ドロシーはとっても遊ぶ事が大好きで、小型犬とは思えない程パワフルなワンコなのです。
これは、ケアンテリアの特徴だと信じ、出来る限り一緒に遊び、運動させるように努めてきた母。(こんなワンコが欲しかったので・・・)
しかし、これもやりすぎて、益々体力をつけてしまったとのご指摘を受けてしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)
「勉強のしすぎもいけないんですよ」と少し厳しい一言。

ドロシーのチョイ悪ぶりに振り回されながら、tyoiwaru2.jpg
しつけもままならぬ日々。「もう大変exclamation×2」などと嘆きながらも、それさえ楽しく思えるドロシーとの生活です。

それなのに、今まで信じてやってきた事は間違いだったのでしょうか?

今まで教えて頂いてきた事を、今一度冷静に振り返ってみたいと思います。


ニックネーム グリンダ at 22:39| Comment(4) | TrackBack(0) | ドロシーの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

木に回り込んだドロシーは?

「レモンの気持ち」レモンちゃんは木の周り込んだら、逆に回るとリードが外れる事をどうやら知っているらしいのです。
その記事を読んで以来、ドロシーならどうするだろうと考えていた矢先に、チャンスが訪れました顔(イヒヒ)

今までの母なら、このような場合、何も考えずにリードを外してあげていた事でしょう。
しかし、自分で学習する事が大切ですGood
「レモンの気持ち」のあわさんを見習って、静かに見守る事にしました。
 
ドロシーの行動
 1まず、リードの巻きついた方向に
     引っ張ってみる。       ki2.jpg
 2直ぐに諦め、何も無かったように
     周囲を眺める。        ki1.jpg
 3おもむろに動き始めたら外れた。

したがって、偶然外れた様子でした顔(チラッ)

そして、数日後またまたチャンスが・・・ki4.jpg
思いっきりグルグル巻きになったリードを更にグルグル巻きにして奮闘するドロシーですが、外し方がわからず、ついに「ク〜ンク〜ン」悲しい声で鳴き始める。
そこで、「ドロシー、頑張れパンチ」と15分ほど粘ってみるが事態は酷くなるばかりです
やっぱり、前回外れたのはただの偶然だったようですもうやだ〜(悲しい顔)
次の予定があった為、この日はついに
ドロシーリタイア犬(泣)。         ki3.jpg

今度は時間を作って誘導しながらドロシーと一緒に学習する予定です。
ニックネーム グリンダ at 14:02| Comment(6) | TrackBack(0) | ドロシーの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

「バトンが回ってきました」

よーきーろんさんからバトンが回って来ました。
遅くなってすみませんでした顔(汗)

@朝食はごはん派?パン派? ⇒
 パン派です!!
 (いつも何だか時間が無くなってしまって、あたふたと取り合えず
  口の中に入れるには楽なので・・・)
A好きな食べ物を3つあげて下さい ⇒
 カニ、イカ、生寿司(カニ、イカ以外のねたで)
B今まで生きてきた中で一番美味しかった物は何ですか? ⇒
 小さい頃、母がフライパンで焼いてくれた、マーブルチョコレートを
 上に並べただけのスポンジケーキ。
 (子供の頃、道具も材料も無かった中で、母が色々工夫して
  私が食べたい物を作ってくれました。何でもとっても美味しかったです!)
C逆に「うわーもう食べたくない!」と思った食べ物は? ⇒
 食いしんぼなので、一応何でも食べてみるので沢山あります。
 今思い出せるのは、済州島で食べた小魚のキムチ
Dそれはなぜですか? ⇒
 小魚の骨が硬くてゴリゴリしていて食感が悪く、生臭くて、
 腐っている味がして飲み込む事が出来ませんでした。
E一昨日の晩御飯を思い出せますか?メニューを教えて下さい ⇒ 
 マーボー豆腐と、青菜のお浸し
 (そして、そのマーボー豆腐を少し残しておいて、
  昨日のお弁当はマーボー丼! ・・・凄い手抜き!!)
F鍋に入れる具でこれだけは譲れない!物は? ⇒
 白菜!!
G一度食べてみたい!と思う料理を教えて下さい ⇒
 世界3大珍味の一つ・・・トリュフ
(一つも食べた事がないのですが、トリュフだけは味が想像出来ない
 ので・・・)
H今、自分の中で流行っている食べ物は? ⇒
 先輩から頂いた冷凍のブルーベリー
 (先輩が去年ブルーべりー収穫のバイトをした時の物で、粗目砂糖を
  かけて冷凍にしておいた物。もう無くなってしまいました〜。
  今年は私もブルーベリー収穫のバイトに連れて行ってもらうぞ〜。
  バイト料の代わりにブルーべりーが沢山頂けるらしいのです♪)
I最後の晩餐で食べたい物は? ⇒
 大トロ握り(気持ち悪くなるまで・・・笑)
J次に回す人をその人から連想される食べ物付きで紹介してね ⇒
 突然すみません・・・
 たっぷりシーフードが載ったピザが似合いそうな、はなくそねこ様に
 バトンをお願いしたいのですが・・・
 お忙しい中面倒なお願いをしてすみません。

ニックネーム グリンダ at 03:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ドロシーの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

見知らぬおじさんからの激励!!

このところ心身共にチョッと不調気味の母の事など気にもせず、
絶好調なケアンテリアのドロシー      gekirei3.jpg

朝、パチッと目を開けたその瞬間からパワー全開ひらめき
(チョッと前まではお寝坊さんだったのですが・・・)
本日も早朝から早歩きと、途中ボール遊びをして1時間以上のお散歩を楽しみました。
gekirei2.jpg        gekirei1.jpg
更に、家の帰ってから1時間位狭い部屋の中を狂ったように全力疾走で駆け回りダッシュ(走り出すさま)
その後母の友人の訪問で大はしゃぎ犬(足)

そして、夕方のお散歩で・・・
足早に見知らぬおじさんを追い抜いた瞬間。
 おじさん「あ〜びっくりしたexclamation犬の足音か。
      こんな小さい犬ならあまり歩かせなくても
      良いでしょう?
  母  「小さくても運動量があるので、こんな感じで
      軽く1時間は歩きますよ」
 おじさん「じゃあ汗ばむでしょう?
  母  「はい。だから運動には丁度良いのです。」
 おじさん「はっは〜。だからスタイルが良いんだ。」
  母  「そんな〜顔(イヒヒ) こうやってスタイル良くしたいと
      思っているんですよ〜」

おじさんに興味を示してウロウロしているドロシーに向かって・・・
 おじさん「お姉さん(exclamation&question)はお前さんと一緒にスタイル良く
      なりたいそうだ。まごまごしないで歩けよ。」
 (ねえねえおじさん。さっきスタイルが良いって言ったんじゃない
  ですか〜顔(チラッ) お姉さんだからまあ良いか。
  最も暗くて顔など見えなかったようですが・・・)

何だかひょうきんなおじさんと出会いました。
このように、ドロシーと一緒に歩いていると、色々と楽しい事が待っていまするんるん

それにしても、おじさんの激励が効いたのか、夜も更けた今になって「おい、遊べ」と、
母の足元にしつこくボールを転がすドロシー  gekirei4.jpg
「もう、いいかげんにしなさいちっ(怒った顔)

ニックネーム グリンダ at 23:50| Comment(3) | TrackBack(0) | ドロシーの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

ドロシーは考えた!

ドロシーの大好きな事。
それは、相変わらず3度の飯より遊ぶ事exclamation×2
中でもボール遊びが大好きですパンチ

本日は雪混じりのあいにくなお天気小雨
そこで、家の中でボール遊びを楽しむ事にしました。
すると、ボールがケージと壁の間に挟まってしまい、
困った事に・・・  kanngae1.jpg

ケージの中からボールを取ろうと必死に
健闘するドロシーkanngae2.jpg

ドロシー、そこからじゃ、取れないよ〜」と言いかけたものの、
「マテ、マテ手(パー)
ドロシーは、この先いったいどういった行動をとるのでしょう?    
静かに見守る事にしました目

すると、ある瞬間、何かひらめいたひらめき表情を
浮かべたドロシーkanngae3.jpg

ケージの外側に回り
kanngae4.jpg 右  kanngae5.jpg

母の前にボールを持って来て、すっかり得意顔のドロシー
kanngae6.jpg 右  kanngae7.jpg

ドロシーも、もう大人。
彼女の為には、静かに行動を見守ってあげる事も大切ですねわーい(嬉しい顔)




ニックネーム グリンダ at 23:18| Comment(5) | TrackBack(0) | ドロシーの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

志賀高原の旅 2日目

志賀高原の朝は・・・
いつもは朝寝坊のドロシーもおちおち寝てはいられません。
昨日夕方より、夜通しフル稼働のスノーマシンが降らせた雪がチラつく中を母と一緒にお散歩に出発犬(足)
(父は寒さの為パス・・・情けない顔(なに〜)
十分に朝の運動を楽しんだドロシー
そうこうしているうちにお宿の皆様とお別れの時間となりました。

            siga9.jpg

お宿を後にして、早速向かった先は昨日の広場。
そこで思い切りボール遊びを
楽しんだドロシー  siga10.jpg

その後、NHK大河ドラマ『風林火山』にすっかり夢中な父のお供をして、川中島周辺を観光し歴史のお勉強exclamation&question

siga11.jpg      siga12.jpg

そして、お宿で伺ったトリミングサロンを尋ねてみました。
(ケアンのトリミングをお願い出来るかもとの情報を頂く)
しかし、あいにくお店がお休みでトリマーさんとお会いできませんでした。

ドロシーにとって2度目の旅は・・・
初対面のワンちゃん達と興奮せずにご挨拶ができた事と、
トイレシートでキチンとおしっこができた事は良かったです決定
しかし、チョッとした事で直ぐに興奮して吠えてしまう事は問題です顔(汗)

パディントンさんで6月にケアンのオフ会を予定されているとの事。
もう少し良い子になって参加したいと思っていますわーい(嬉しい顔)



ニックネーム グリンダ at 11:55| Comment(6) | TrackBack(0) | ドロシーの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

志賀高原の旅 1日目

父母の数回目(exclamation&question)の結婚記念日は、ドロシーと一緒に一泊旅行に行ってきました。

こちらでは前日から突然凄い雪雪が降り、とっても心配しましたが、
ドロシーはやっぱり晴れ女。当日は凄い青空晴れ

向かった先は、北志賀高原のよませ温泉スキー場、
パディントンハウス        siga1.jpg
お宿には、ケアン2頭とシェルティ、3頭の看板犬が待っていてくれます。

先週、 はなくそねこさんのブログを拝見して、フレンドリーなケアンのゴンちゃんに会うのがとっても楽しみでしたわーい(嬉しい顔)

我が家からはとっても近いので、お昼を食べ、昼過ぎには到着。

早速、2頭のケアンの囲まれて「おおっ」とチョッと
緊張した表情を浮かべるドロシーsiga2.jpg
しかし、フレンドリーなゴンちゃん(権八君)に誘われ、仲良く遊ぶ姿を見てホッとしました顔(笑)
(※実はドロシーの態度がとっても心配だったので・・・)
siga3.jpg   siga4.jpg


宿の周辺には、お散歩コースや広場、テニスコートがあり、
元気なワンコが遊べる場所が沢山あります。
午後はお散歩して、         siga7.jpg
広場で思い切り追いかけっこ、ボール遊びを楽しみました。
siga5.jpg   siga6.jpg

夕食はボリュームたっぷり決定
そして、お風呂は100%天然温泉いい気分(温泉)かけ流しです。
久々に運動し、疲れた体を芯から温めてくれます。
本当に「いい湯だな〜るんるん」でした顔(笑)
ドロシーはワンちゃん用の露天風呂で足を洗い、
とっても満足した一日でしたGood   siga8.jpg






ニックネーム グリンダ at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ドロシーの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

わかっているはず「ドロシー、おいで」

「ドロシー、おいで」は大切な言葉
色々な方法や場所を変えながら繰り返し教えてきました。
そして、一時は刺激の多い公園でも出来るようになったドロシー

ところが・・・
最近では「ドロシー、おいで」の言葉をわかっていながら、無視する態度がみられるドロシー
これは一大事がく〜(落胆した顔)
来ないので、ついつい何度も呼んでしまう。これでは悪循環。

そこで、方針を変える事に・・・
ストーカーのように母について歩くドロシー犬(足)
先日もいつものように悪戯を求めワクワクしながら、物置に同行。
物置から出ようと「ドロシー、おいで」・・・
やっぱり無視ちっ(怒った顔)
直ぐに物置の電気を消し、ドアを閉め様子を見る事に・・・
中で大変な事が起こっていたらどうしようと内心はドキドキ揺れるハート
しかし、無視、無視

そして、一仕事終わり、そ〜とドアを開け「ドロシー、おいで」
慌てた様子で登場したドロシー
暗い物置の中に一人残され遊ぶどころの騒ぎではなかったらしい顔(イヒヒ)

このように、一回呼んで来なかったら無視を徹底し努力中ですパンチ

wakaru1.jpg

ニックネーム グリンダ at 08:09| Comment(8) | TrackBack(0) | ドロシーの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

ドロシーの体脂肪率!?

まだ3月だというのにとっても晴れ暖かい毎日。
お散歩が大好きなドロシーにとっては、いよいよマダニが心配な季節になりました。

そこで、フロントラインをつけて頂きに病院に出掛けました車(セダン)
U先生とお会いするのは2ヶ月ぶり
ドロシーちゃん少し太ったみたいね」
体重6.1s、約2ヶ月間で200グラム増加
そこで、体脂肪率を測定して頂く事に・・・
ドロシーの体脂肪率30%。正常値が23%
やっぱり思ったとおり、ドロシーは明らかに
肥満状態にがく〜(落胆した顔)    huronnto1.jpg

肥満防止の為、フードは1日量をきっちり量り、ご褒美の分を減らして与えていたつもりでした。
問題はご褒美の量にあるようです。
ご褒美はお散歩の時だけクッキーやソーセージ等を細かくして使っています。
一粒の大きさは中型犬で小指の爪半分位が最適な大きさのようです。
とすると・・・
クッキーが中々小さく割れず、一欠片が大きすぎたようです。
ドロシーの健康管理、気をつけなければなりません顔(汗)

病院の帰りにドロシーも大好きなMさんのお宅にお邪魔して
本日も絶好調な犬(足)ドロシーでした。

huronnto2.jpg       huronnto3.jpg

ニックネーム グリンダ at 23:50| Comment(9) | TrackBack(0) | ドロシーの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

ストリッピングのつもりが・・・

ドロシーを相手にストリッピングの練習に励む日々。
新品のナイフの使い心地は最高exclamation×2
毛が良く抜けるし、ドロシーが痛がる様子も無く、皮膚も異常なしGood
「私って才能あるかも・・・」顔(イヒヒ)
母もドロシー同様一寸絶好調に・・・

ところが・・・
ドロシーの毛色が何だか白々して柔らかくなっている事にふと気づきました。
これは一大事がく〜(落胆した顔) 慌てふためいてS先生携帯電話
「先生大変です。ドロシーの上毛をいっぱい切っちゃたみたい」
「大丈夫。綺麗になおるから・・・」と優しい言葉をかけて頂く

そして、先日最後のトリミング日
やっぱり上毛を抜いていたつもりが大分切れていて、全身の被毛が
凸凹になってしまったドロシー  muzukasii3.jpg
先生は四苦八苦しながら、時間をかけて丁寧にトリミングして下さいました。
  
  「犬は人間が作ったものだから自分で毛づくろいが出来ないの。
   だから人間が責任を取らなきゃ。
   可愛くトリミングするには可愛い写真を沢山見て
   イメージする事が大切ね」
S先生よりアドバイスを頂く

凸凹を直して頂いた為、ひと回り小さくなり、幼い感じになったドロシー     

如何でしょうか?         muzukasii1.jpg   

ストリッピングってやっぱり難しい顔(汗)
当然の事ながらやっぱり先生は凄いexclamation×2
しかし、落ち込んでばかりいられません。
可愛らしいケアンの写真を沢山見せて頂きながら、
焦らず、慎重に頑張りますパンチ  muzukasii4.jpg
 ※素人にとって新しいストリッピングナイフは要注意です









ニックネーム グリンダ at 22:31| Comment(14) | TrackBack(0) | ドロシーの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする