2012年09月28日

逃走癖(-_-メ)

我が家のドロシーの一番困っている問題点。
それは、逃走癖ですもうやだ〜(悲しい顔)

tousou4.JPG
  上こんな風にボールなどに集中している時は良い子です

散歩中、腰が抜けたようになって動けなくなるような恐怖がく〜(落胆した顔)を幾度も味わったり、大会でも幾度となく恥をかき続けてきました顔(なに〜)
ですから常々とても気を付けていたのですが、先日久々にやってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

tousou2.JPG

散歩中、ドロシーがチョッとリードを引っ張った瞬間スルリとカラーが抜けてしまったのです
「やっちまった〜がく〜(落胆した顔)」ってフリーズした母の顔を見ながら、「やった〜ひらめき」と嬉しそうな表情を浮かべたドロシーるんるん
逃げられた〜あせあせ(飛び散る汗)
「ドロシーオイデ〜」って言ったところで止まるわけありませんちっ(怒った顔)

母を思いっきり引っ張りながら走るアリスドロシーの行く手を遮ってくれて、事なきを得ました顔(汗)

tousou1.JPG

逃走癖をつけてしまった原因はハッキリしています。

何も知らなかったとは言え、まだ呼び戻しも出来ない仔犬の頃に広い公園に連れて行き、ノーリードで他犬と遊ばせたり、更にそこで大好きなボールに向かって走って行って、サッカー少年に遊んでもらったりと勝手に走って行っては楽しい経験を沢山してしまったのです
お陰さまで子供を大好きな犬には育ってはくれましたが・・・

逃走癖をつけてしまった事は、ドロシーを育ててきた過程で、本当に取り返しがつかないほどの大失敗だったと反省しています。

ですから、アリスに対しては慎重です。
今のところ、「オイデ」に対しての反応はかなり良いアリスですが、大好きなハードルの練習中など気分が高揚すると「オイデ」が聞こえていないようだし、まだまだ油断は出来ません。

tousou5.JPG

「オイデ」は愛犬の命を守る一番大切な言葉なんですから・・・


ニックネーム グリンダ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

散歩はJで決まりです(^_^)v

お散歩する時、リードは突っ張らず、Jの字(カラーのナスカンからチョッと下がっている感じ)で歩けると素敵ですよねわーい(嬉しい顔)

我が家のドロシー、数年にもわたる猛特訓の末、最近やっと少しは素敵に歩けるようになったと思っています。

先日、母の友人に誘われて、愛犬凛ちゃんと一緒にお散歩に出かけましたるんるん

J4.JPG

J1.JPG

ところが・・・
車から降り立つや否や、リードを思いっきり引っ張り大興奮のドロシーあせあせ(飛び散る汗)
凛ちゃんが近付けば「う〜」って唸る始末ですし・・・顔(汗)

J2.JPG

J3.JPG


折角格好良い所を友人に見せたかったのに、全く台無しですもうやだ〜(悲しい顔)

実はその公園、ドロシーが良くボール遊びをする場所なんです。

興奮のスイッチが直ぐにONになるし、スイッチがONになったなら、な〜にも見えない、聞こえない・・・こんなドロシーには困ったものです(−−〆)

そこで、数年ぶりにパートナードッグの渋谷先生のご指導のもと、お散歩の時にはイージーウォークハーネス使っています。

J5.JPG

凛ちゃんとのお散歩楽しかったのですが、あの日から二度とお誘いが無いのは気のせいでしょうか(;一_一)



ニックネーム グリンダ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

ドロシーの耳は日曜日(−−〆)

我が家のドロシー、実に自由気ままな暮らしを楽しんでいます犬(笑)
いつも楽しそうるんるんで・・・そんな愛犬の姿は愛らしいものですね顔(メロメロ)

しかし、人間社会の中で暮らす彼女ですから、このような態度では危険がいっぱいなわけですあせあせ(飛び散る汗)
ですから、母の言う事は聞いて欲しいと願う毎日です。

先日やっと遊べるようになったマイドッグランで遊ぶドロシー

mairann1.JPG

mairann2.JPG

mairann3.JPG

mairann4.JPG


ご機嫌ですね〜グッド(上向き矢印)

こんな時は、母と遊ぶ事のみに集中していますので、母の言う事は何でも聞いてくれます。
「持って来い」「アウト」「ゲット」「オスワリ」「ゴロ〜ン」「オイデ〜」・・・
正に絶好調って感じで・・・

しかし、一旦自分の興味が他に向いた瞬間ドロシーの耳は日曜日になってしまいますちっ(怒った顔)


先日、しつけ方教室でショックな出来事が・・・
母がいくら話しかけても床の匂い嗅ぎを止めようとしなかったドロシーですふらふら

床のにおいに負けてしまった〜もうやだ〜(悲しい顔)

母の魅力ってそんなもんですかね〜
5年間も一緒に暮らして、まだまだ危ういドロシーとの関係です顔(汗)

しかし、決して諦めません。
ドロシーにとって魅力的な母になれるよう努力あるのみですパンチ
ニックネーム グリンダ at 23:12| Comment(3) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

テーブルの上って大好き!!

テーブルの上に上がってはいけないのは人間社会の常識ではありますが、犬の社会にはそんな常識は無いわけで・・・
ですから、人間社会のルールをわかるように教えなくてはいけないわけです顔(汗)

ドロシーがテーブルの上に上がるようになって、早3年もうやだ〜(悲しい顔)

 1天罰を使う(テーブルの上に両面テープを敷き詰める‥)
 2「アップ」=「上がって」、「オフ」=「降りて」の号令を教えてコントロールする。
‥の努力をして来ましたパンチ

「ねえ、何処でくつろいでいるわけ?

off1.JPG

しかし、今だわかってもらえない顔(え〜ん)

「オフだよ〜オフむかっ(怒り)

off2.JPG

off3.JPG


テーブルの上に上がる事で、彼女にとってかなりの報酬があるようですねexclamation&question

 かわいいただ単に、犬って高い所が好きなのかな
 かわいい外を眺めるのに便利
 かわいい母にかまって貰える(「ドロシー、『オフ』って言われるので)
 かわいい何か面白い物があるかも(鉛筆やノート‥)

と考えると、上がる度に「オフ」って降りるように言えばわかるものなんて、根気強く3年間も繰り返してきましたが、これも報酬になっているかも知れないわけですねあせあせ(飛び散る汗)

必要時以外テーブルを立てかけておいた方が良いのかなって、今更ながら考えているのです顔(ペロッ)
ニックネーム グリンダ at 23:46| Comment(4) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

完璧なセトルダウンって・・・

「セトルダウン」とは、犬が落ち着いて伏せている状態のことをいいます(寝ている状態がベスト!)。

我が家のドロシー、仔犬の頃に自発的に足元にで「フセ」が出来て以来、「セトルダウン」は完璧だと思っていましたGood

ところが、先日のレッスンで「セトルダウン」が完璧には出来ていない事に気づきました顔(なに〜)

落ち着いた状況の中では、床に顎を付けて良い子で待つ事が出来るドロシーです。

しかし、緊張した中でのトレーニング中や、周囲に多くの犬がいるなどの刺激的な場所にいる場合。または、母が食事している足元‥何か刺激が加わった時の彼女は・・・

母が椅子に座ると必ず足元に「フセ」をします。

  こんな風に 下
setoru1.JPG

暫くチラ見程度にして様子を見ていると、「フセ」をした状態で、ゴソゴソと姿勢を変えてアピールします。

厳しい目線で「私はこんなに良い子なんだけど・・・」とアピールするドロシー下
setoru2.JPG

更に、チラ見で様子を見ていると、「ワン」っと静かに声を出し始めます顔(汗)

そのうち、立ち上がり動き回ります顔(え〜ん)

母が、「動いても良いよ」って言うまでは、足元でリラックス出来なければならない筈です。

せめて、こんな風にリラックス出来なくては・・・下
setoru3.JPG

理由は、刺激的な場所での「セトルダウン」に対して、ご褒美の引き上げ時期を逸してしまったせいかも知れませんもうやだ〜(悲しい顔)
しかし、一番大切なのは、ドロシーをリラックスさせるには、先ずは母がどんな状況でもリラックス出来るように努める事が重要なようです顔(ペロッ)

「いつでも、どんな状況でも『セトルダウン』が決められるように頑張ろうねパンチドロシー
ニックネーム グリンダ at 16:06| Comment(2) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

ドロシーの駆け引き!!

5月の大会に向けてアジリティーの練習を頑張るチームドロシーですパンチ
ところが、先日教室で練習中の事です。
不意に集中が途切れ、暴走ダッシュ(走り出すさま)し始めたドロシー顔(汗)

フィールドの隅まで走って行き、こちらの様子をうかがい始めたのです。

多分この時、彼女の頭の中では
「私を追いかけて来る〜?そうしたら追いかけっこして遊んであげるわよるんるん 
それとも、『オイデ』って言う? そしたら走って行って上げても良くってよ〜ドコモ提供
そうしたら、美味しいご褒美くれるんでしょexclamation&question

この様子を見たS先生
 「ドロシーは一人でちっとも楽しそうじゃないから、
  きっと戻って来るわよ。無視しましょう。」

そして、一同無視。

すると、こちらの様子をうかがいながら、少しずつ近寄って来て、ついに正面に座り「母、どうしたの〜?」て様子のドロシー顔(イヒヒ)

 「ドロシーの駆け引きに勝ちましたね手(チョキ)」とS先生

最近、日常の生活の中でもドロシーが駆け引きしているなって感じる事が良くあります。
彼女としても、自分の都合が良いように生活する為必死なわけです。
母としても負けてはいられませんパンチ

kakehiki.JPG

  「今は、遊ばないのちっ(怒った顔)




ニックネーム グリンダ at 20:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

ペロペロ攻撃!!

友人のMさんと我が家で恒例のワインパーティーをしました顔(笑)
今回Mさんが持って来てくれたワインは、シャトーラバルというフランスワインです。
wainn6.JPG

凄い量のお料理exclamation×2
二人でペロッと食べちゃいました顔(ペロッ)

ドロシーは大好きなMさんに抱っこされて、「いい子」して一緒に美味しい物を食べて、ご機嫌な時間を過ごしたようです犬(笑)

wainn8.JPG

ペロちゃんのドロシーなので・・・
Mさんはドロシーを抱っこしながら、「舐められるものか〜」と大奮闘。(Mさんの場合ふざけているのですが・・・)

wainn7.JPG

wainn9.JPG

このペロペロ攻撃、母にとってはとっても可愛い行動なんですが、
犬好きでも「舐められる事はチョッと・・・」と言われる方が多いです。
ドロシーのこの行動、真剣に何とかしなければなりませんね顔(汗)

ニックネーム グリンダ at 15:34| Comment(7) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

陽性強化の落とし穴!!

最近のドロシーは、「オイデ」等の既にわかっている筈の言葉を平気で無視する行動が目立ちます。
それでいて、全く悪びれた様子がないのですから困ったものですふらふら

そこで、しつけ方教室のK先生に相談しました。
  「もう、ドロシーは子供じゃないのんだから、
   当然わかっている筈の言葉を無視した時は、
   
   『私はそんなあなたは大っ嫌いちっ(怒った顔)って伝えなさい。
   
   言葉を厳しくしても体罰は絶対にダメよ」とアドバイスを頂く。

どうやら、ドロシーと真剣に向き合う時が来たようですパンチ

父が帰って来る週末は、日頃の慌しさを忘れ、良くみんなでお散歩に出かけます。
今週は近くの公園に蓮の花を観に出かけました。

hasu3.jpg

ところが、久々に行った公園。しかも大勢の人で賑わっている中で、ドロシーは終始大興奮顔(え〜ん)

hasu2.jpg

「ハ〜ハ〜ヒ〜ヒ〜」と引っ張る引っ張る
「ドロシー」などと呼んでみても、見向きもしない
向かいからやって来るワンちゃんが近くに寄ってくれば「ウ〜」と唸り声を上げる始末顔(汗)

hasu1.jpg

週末はゆったり穏やかに過ごしたいと思っていたのですが・・・もうやだ〜(悲しい顔)

hasu4.jpg

ニックネーム グリンダ at 23:13| Comment(5) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

ジェントルリーダーの威力!!

人に対しては、とってもフレンドリーな我が家のドロシー
しかし、最近では、犬に対しては苦手なタイプがあるらしく、吠えかかって行く事が度々あり、困っていますもうやだ〜(悲しい顔)
せめて、苦手なタイプが特定出来れば良いのですが・・・
あ〜あ、仔犬時代のドロシーは何処へ行ってしまったの〜顔(泣)

こんなドロシーなので、色々な犬と出会える機会を出来るだけつくり、犬に対して社会的な経験をさせる必要があると思います。

そんな中、昨日しつけ方教室で、わんわんパティーが開催されましたので参加しましたパンチ

参加した犬は、チワワからラブちゃんまで、様々な犬種が14頭。

当日は、ドロシーの態度が心配で、朝早く出て、一番のりで到着して、色々対策を練ってみたのですが・・・

興奮した時には、このようにすると

下


nigate1.jpg

こうなるはずだった。

下


nigate2.jpg

ところが、あまりに激しく興奮して吠えまくり、上手くいかず顔(汗)

その様子を見かねたK先生
 「ジェントルリーダー 持って来た?
そして、ササッとこんな具合に・・・

下


nigate3.jpg

「いい子になったら、外して、悪い子になったら付けなさいね」と、ご指導頂く
 
  ※実は、ドロシーには、ジェントルリーダーを
   使った方が良いと再三指導して頂いていたのですが、
   最近ドロシーがあまりに嫌がるので、使っていなかったのです。

このように、すっかりブルーになってしまったドロシー

下


nigate4.jpg

しかし、その後は気を取り直して、一緒にゲームを楽しみましたよるんるん
チョッとティンションが下がり気味の方が丁度良いようで・・・

このパティーに参加して、大勢の人や犬の中で、ドロシーが落ち着いて、楽しく過ごせるにはどうしたら良いかを学びました。
そして、ドロシーは、興奮した状態も次第に治まり、他の犬達とキチンと挨拶が出来るようになっていましたよ顔(笑)

 ※パーティー中、とても自分で写真を撮れる状態では
  ありませんでした。
  カメラマンに撮って頂いた写真が出来次第、掲載したいと
  思いますので、見て下さいね犬(笑) 

ニックネーム グリンダ at 00:02| Comment(11) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

高い所、だ〜い好き!!

  約一年程前から、やたらと高い所に上がりたがる我が家のドロシーちっ(怒った顔)

takai4.jpg

どうやら、気が強い犬は、高い所から回りを見渡すという行動をとるらしいのですexclamation×2

一時は躍起になって、この行動を止めさせようと努力しました。
しかし、いつの間にやら「まあいか〜」と諦めムードになっていました顔(ペロッ)
テーブルの上にピョンピョン上がられるのには、大分閉口してはいたのですが・・・

ところが先日、とっても危険な事が起こりました顔(汗)
いつものように、キッチンに置いた椅子に飛び乗ったドロシー
沸騰した鍋に、フッと鼻を近づけ、ビックリして椅子から転げ落ちたのですがく〜(落胆した顔)

こんな感じで
下


takai6.jpg

下


takai8.jpg

怪我はしなかったものの、相当ビックリしていたので、これで止めるものと期待したのですが、ちっともめげている様子はありません。

このままでは、大惨事になりかねません顔(なに〜)

まずは、椅子を小まめに片付けたり、椅子の上に物を置いて上がれないようにしておく‥の管理が必要なのですが、色々と防ぎきれない事もあります。

そこで
「高い所に上げるのは、許可した時だけにしてちょうだいね」と教える必要があります

takai7.jpg

その為、「上がって」「降りて」の号令に従って行動する練習。そして、椅子の前で上がらずにいた時の褒め褒め作戦を現在実行中ですパンチ
ニックネーム グリンダ at 01:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

苦手なお洋服を着るには!?

お洋服が苦手な我が家のドロシーは、ほとんど裸族で過ごしているわけです。
しかし、ドロシー地方の厳しい冬雪の寒さを乗り切る為には、やっぱりお洋服が欲しいところです。

そこで、先日母の妹の家に遊びに行った時に、近くのお店でチョッと暖かそうなお洋服を購入して来ました。

そのお店のご夫婦はとっても犬好きで、感じの良いお店ですexclamation×2(以前にも一度伺った事がありますが・・・)
色々と相談にのって頂き、着脱し易く、締め付け感が無く、着心地の良いものを選んで頂きましたGood

試着の時になり、奥さんから一言

「良いですか〜ここで絶対に笑っては

いけませんよ〜。

みんなで思い切り褒めてあげましょうね。」


そして、おやつで気を引きながら、やっと試着。
一同一斉に「わ〜素敵」「可愛い〜」「似合ってるよ〜」Clap
大人4人でドロシーを取り囲んで褒めちぎる。
何ともひょうきんなご夫婦ですわーい(嬉しい顔)

boikanngu1.jpg

そして、購入したお洋服。
チョッと前まで、やっぱり、「ウ〜」と怖い顔をして大騒ぎたらーっ(汗)
ところが、昨日は何とスムーズに着てくれたドロシー


boukanngu2.jpg

思わず自分の目を疑ってしまった母なのですが・・・



ニックネーム グリンダ at 17:25| Comment(4) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

ドロシーの怖いもの!?

今まで、勇気ある女の子と信じていた、我が家のドロシー
ところが、どうやら最近、世の中には怖いものがある事に気づいたらしいのです犬(泣)

kowai1.jpg

お散歩の時、強面のおじいさんに連れられたミックス犬2頭とよく会います。
そのワンコ達、1頭は小柄でいかにも気が弱そうな感じなのですが、もう1頭の方は、真っ白で、堂々としていて「なかなかやるながく〜(落胆した顔)」といった感じ。

そして、おじいさんの手には、片方にリード、そして片方には棒が握られているのです。
「その棒は何の為?
どうやら、愛犬が唸ったり、吠えたりした場合バシッて叩く為のようです顔(なに〜)

しかし、そのおじいさん、ドロシーとすれ違う時はいつも道の端っこに寄り、道を譲って下さるのです。
ドロシーの姿を見て微笑まれたりして・・・わーい(嬉しい顔)

そして、おじいさんのお宅の前を通る時には、白い方のワンちゃんに良く吠えられてはいましたが、今まで、ドロシーは全く気にしている様子はなかったのです。

ところが、先日おじいさんのお宅に近づいたところで、2頭のワンコの姿を見たドロシー
ジ〜目と立ち止まったかと思うと、「私はそっちには行きませんよ〜あせあせ(飛び散る汗)」と激しく拒否。

そして、また次の日も、その近くをお散歩中。
落ち着きの無い様子で、キョロキョロ目していたドロシーの目に映ったものは・・・
おじいさんと、2頭のワンコ達。
慌てふためいて、スタコラサッサと逃げ出すダッシュ(走り出すさま) ドロシー

脇道に逃れ、気を取り直して我が家の前にたどり着いた頃はもう暗闇の中。

すると、暗闇の静粛を破り「カッ、ペッ」通りがかりの人が痰を吐き出す音が・・・
驚いてひっくり返ってしまったドロシーふらふら

kowai2.jpg

ドロシーはこんなに臆病だったかな〜わーい(嬉しい顔)
大人になってきたからなのでしょうか。


ニックネーム グリンダ at 14:13| Comment(5) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

「モッテコイ」って言っていないのに・・・

チョッと遅ればせながら、お盆参りの為、母の帰省にお供したドロシー

実家に到着するや否や、ガサガサと鞄の奥からいつものボールを取り出し、遊びモードのスイッチがONになってしまったドロシーひらめき

早速、 じいちゃんの前にボールを運ぶ。kisei4.jpg
「ドロ、投げろってか?
投げたボールを、直ぐに足元まで運ぶドロシーに、じいちゃんはすっかり感心した様子。
「ドロ、凄いな〜exclamation×2
人を褒める事などめった無い人なのに・・・

 ※このように、指示していないのに、ドロシーの要求通りに
  遊び始めるのは良くない事かも・・・
  じいちゃん、喜んでいるし、まあいいか顔(ペロッ)

ところが、ドロシーのしつこさに、すっかり閉口してしまったじいちゃん。
「止めた、止めたどんっ(衝撃)」           kisei3.jpg
座椅子に座ったじいちゃんに飛びつき、噛み噛み攻撃を仕掛ける困ったドロシーふらふら

すると、 バシッバシッ
え〜ドロシーが・・・・がく〜(落胆した顔)
蝿叩きで思いっきりドロシーを叩くじいちゃん。

しかし、そんな事位でめげるドロシーではないので・・・
プンプン怒りちっ(怒った顔)顔を背ける爺ちゃんに「投げろ投げろ」とボールを運ぶあせあせ(飛び散る汗)
こんなドロシーの性格、
羨ましい限りですわーい(嬉しい顔)           kisei2.jpg

その様子を見ていたばあちゃん。
ドロシー、ばあちゃんがポ〜ンしてやるよ」
とこんな調子で、4日間のボール遊び三昧を楽しんだ
ドロシーでした。            kisei1.jpg





ニックネーム グリンダ at 11:55| Comment(9) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

「ドロシー、アウト」まだまだ!!

愛犬が何か危険な物をくわえている場合に、号令でくわえた物を離すように出来たら安心ですね。

「物の取り込み」については、先代犬に幾度も冷汗をかかされたものですふらふら
そこで、ドロシーが我が家に来た時からトレーニングを繰り返してきました。

結果
 1ボールなどの玩具は「アウト」の号令で、ほぼ完璧にOK。
     (玩具を返すと楽しい事が始まると知っているの為)
 
2ドロシーが悪戯する為に、何かをくわえて来た時は、
   決して慌てず、騒がず、追いかけず
  「持って来て。アウト」の号令で、側まで持って来て離します。
   そして、ご褒美と交換です。
     (くわえた物を渡すとご褒美がもらえると知っている為)
 
3ドロシーがくわえた瞬間、「これは美味しい」と感じた時は、
     逃げるexclamation隠れるexclamation絶対に全部食うあせあせ(飛び散る汗)
    (母に取り上げられたら、この世の終わりだと思っている為)

昨日も、スイカを食べさせていて、      auto1.jpg
チョッと油断をした隙に逃げられてしまった。auto2.jpg
「ドロシー、汁がたれて汚れちゃうよ〜。
皮なんて美味しくないよ〜」           auto3.jpg

(この場合、何も皮付きにしなくとも、実だけ少しずつあげりゃ
 良かったのに・・・顔(え〜ん)

とにかく、ドロシーが何かをくわえた場合、慌てて取り戻そうとする事はNGです。
ドロシーにとってグレードの低いものから順に、慎重に物を交換しながら「アウト」頑張りますパンチ
ニックネーム グリンダ at 22:54| Comment(7) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

チームドロシーのユニホーム

レモンの気持ちのあわ画伯が描いて下さった、ドロシーの似顔絵入りの
Tシャツがついに届きましたわーい(嬉しい顔)

「わ〜、ドロシー着てみようよ〜」
着せようとした瞬間、突然犬が変わったように牙を剥き出し
大暴れするドロシーがく〜(落胆した顔)

お恥ずかしながら最近気づいた事なのですが、Tシャツの着脱はワンコにとって、かなり難易度が高いようです。
先日、ケアンの集いの時、 WANは最高のココ、ララ親子の可愛い洋服を試着させて頂こうとして、大失態を演じてしまったのですちっ(怒った顔)

 原因1ドロシーが洋服を着る事に慣れていない。
     寒い時期に防寒着を着せて以来洋服を着せていなかったのです。

    2ドロシーは足に触れられる事を極度に嫌がる
     仔犬時代、近くのペットサロンで2度目の爪切りをして頂き、
     帰って来た夜以来、足に触れると怒るようになったのです。
     確信はありませんが、何か嫌な思いをしたトラウマがあるかも
     知れません

そこで、ゆっくり頭からTシャツを着せながら、
「いい子」右 ご褒美作戦を実行
頭まで決定 しかしその後は大暴れあせあせ(飛び散る汗)         

ti-mu3.jpg   ti-mu4.jpg

犬に洋服を着せる事、それは、防寒、日差しを避けるなどの為必要だと思います。

ドロシーの成功の為、決して無理はせず、着脱が簡単な洋服から始める事、足を触る事が嫌じゃ無くなる事が必要なようです。

あわ画伯デザインの可愛いTシャツを、チーム3人で素敵に着こなす為
頑張りますパンチ         ti-mu2.jpg  
                  ti-mu1.jpg



ニックネーム グリンダ at 23:29| Comment(7) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

いつの間にやら分離不安解消!!

一年前は分離不安が酷かった我が家のドロシー犬(泣)
色々な方法を繰り返し、努力をしてきましたパンチ

そして、まずはコングで遊びながらケージの中でお留守番決定
になりました。
しかし、その後も二階の住人であるドロシーは、母が一階や、外にチョッと用事を足しに行く時には、階段の上で「キャインキャイン」と悲しそうな声を上げながら
不安そうに眺めていたものですもうやだ〜(悲しい顔) kaidann1.jpg

ところが、いつの間にやら、無言のまま定位置でジ〜目と階下を見つめているようになったドロシー・・・
大人になったんだ〜Clap       kaidann2.jpg

そして今では・・・
期待してドロシーの定位置を見上げてみても、彼女の姿は無く、
階段を上って見ると、リラックスした
彼女の姿が・・・           kaidann3.jpg

彼女が大人になっていく事を嬉しいと感じながらも、反面寂しい母です顔(泣)
以前はドロシーと一緒に分離不安、今は母だけが分離不安のようです。



ニックネーム グリンダ at 11:50| Comment(8) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

知らず知らずに大失敗!

本日も様々な物音に反応して吠えまくる
我が家のドロシー         sippai1.jpg
犬にとって吠える事は本能であり、喜びでもあります。
思い切り吠えさせてあげたいのはやまやまですが、我が家の環境では
許されない事なのですもうやだ〜(悲しい顔)     sippai3.jpg

そこで、吠えることを号令で止めるトレーニングに頑張る日々です。
ところが、最近大きな問題がある事に気づきました。
どうやら、母が家にいる時だけ良く吠えるらしいのです。
 ※ばーちゃんや、家に良く尋ねて来る人の証言

という事は母が原因がく〜(落胆した顔)
ドロシーちゃんは、お母さんに教えてくれて偉いわねぇexclamation」なんて周囲の方は優しく言って下さいますが、とんでもない誤解です。

いつの間にか
吠える右「ヤメ」で吠える事を止める
右母の顔を見る又は側に来る右褒めてもらう又はご褒美をもらう
を一連の動作としてドロシーは覚えてしまったらしいのです顔(泣)

「ヤメ」の号令で止める事が出来るようになった
ドロシー              sippai2.jpg
更にステップアップして、「ヤメ」の状態が続けられるように教える方法を検討中ですパンチ

ニックネーム グリンダ at 22:45| Comment(9) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

またまたドロシーとの危うい関係

日々ジャンプ力を鍛え上げ、高い所へと上がりたがる
我が家のドロシー   takai1.jpg

以前からテーブルの上にピョンって平気で上がってしまう事が“いけない事”と中々教えられずに困っていましたもうやだ〜(悲しい顔)
最近、ようやく「降りなさい」で直ぐに降りるようにはなったのですが・・・

そして、最近では母の許可も無くより高い所に上がり、くつろいでいる有様ですちっ(怒った顔)
 (注) 母の許可があって高い所に上がるのは決定なのですが・・・

ドロシーは高い所から母を眺めながら
「ここで良いの〜?」  takai2.jpg

「私上で良いの〜?」  takai3.jpg
と自分の立場を確かめているのでしょう。

犬はその家庭における自分の階級を1〜3歳までで決めてしまうようです。

悪びれもせず、高い所から眺めるドロシーを見ては下ろし、また上がりとまるでエンドレスです顔(え〜ん)
「まあいいか〜」と面倒になってしまう気持ちを抑えながら、
頑張るこの頃ですパンチ  takai4.jpg
ニックネーム グリンダ at 23:28| Comment(8) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

ドロシーの分離不安解消法

生後1年2ヶ月になった我が家のドロシー
今でも突然部屋に一人置き去りにすると、母を追ってキャンキャンと吠えまくるありさまです顔(汗)
 ※定期的な事(入浴、食事ets)に関しては、直ぐに戻って来ると
  理解している様子で吠えなくなりましたが・・・


そこで、以前より仕事など長い時間留守にする時には、おやつを詰めたコングでケージに誘導し、ドロシーに気づかれないように外出しています。
また、外出時のみコングを与えるようにすると、ドロシーがコングを嫌いになる危険性があるので、様々な場面におやつ入りのコングを使っています。

そして、最近では母がコングにおやつを詰め始めるのを見ると、自らケージの中で待機すりようになったドロシー
ドロシーが出来るだけ長い時間を楽しく過ごせるようにと色々な物を工夫しながら、ご馳走コングを作る毎日。
しかし・・・「え〜どうやって全部食べたの〜exclamation&questionkonngu1.jpg
日々、コングからおやつを取り出す技に     konngu2.jpg
磨きをかけているドロシー             konngu3.jpg

時々外出する前にコングを空にされてしまう失敗はあるものの、
祖母ちゃんの証言によると、母の外出中、ドロシーは吠えることなく
ず〜と静かにケージの中で過ごしているようですGood

ニックネーム グリンダ at 23:23| Comment(6) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

ドロシーの学習

好奇心旺盛な我が家のドロシー犬(足)
常に楽しい事を探し求めながら毎日を明るく過ごしています。

少しでも引き出しが開いていようものなら顔を突っ込み、
クローゼットから何か飛び出していようものなら、引っ張り出して扉の中に進入し
大活躍どんっ(衝撃)

本日も・・・「何か楽しい事はないかな〜exclamation&questiongakusyu6.jpg
そして、ついに・・・

右 gakusyu1.jpg  右  gakusyu5.jpg

右 gakusyu3.jpg  右  gakusyu2.jpg

ドロシー自ら扉を開ける事を学習しました顔(汗)


ニックネーム グリンダ at 23:55| Comment(5) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする