2006年10月16日

「まあいいか〜」は犬にはありえない事

本日も絶好調な我が家のドロシー
しつけ方教室でハードルのレッスンを頑張っていますパンチ
前回3回目のレッスンでハードル17個を連続して跳ぶ事が出来た
ドロシー
を見て「家の子って凄いexclamation×2かも・・・」と
すっかり気を良くしていた母でした。iika1.jpg

レッスンの方法は1回毎にグレードアップしていくわけですが、
今回も初めは何とかクリア決定
ところが・・・
数回繰り返しているうちに、スタートするや否や、ドロシーの目標はゴールでは無く、一緒に走る母の足に向けられようになる。そして、その後何度繰り返しても4個目のハードルから母の足に噛み付いて来る顔(なに〜)

 S先生「これは今だけの問題では無さそうですねexclamation&question
  母 「あ〜そういえば、家でも私が走り回っていると
     良くやっていますね〜」
と答えながら、この困った行動に、ついつい慣れっこになってしまって、問題視しなくなっていた自分に気づく。
最も以前の散歩の時と違い、一緒に走れるようになった事で満足していたのです。
その他、ドロシーの幾つかの困った行動に関しても「まあ、いいか〜」とついつい見逃している事が最近多いなぁ。と反省顔(ペロッ)
 S先生「『まあいいか〜』が適用するのは人間だけ、
     犬には適用しませんよ」

何だか今日は勉強になりました。
「よくぞやってくれたドロシー」Good    iika2.jpg





ニックネーム グリンダ at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

広場での「ドロシー、おいで」が出来ないわけ

本日も絶好調な我が家のドロシー
先日も広場に出かけ、とってもやさしくて素敵な、サッカー少年と
お父様に遊んで頂きました晴れ   pa-tona-2.jpg

あまりに楽しくてついつい遊びすぎたドロシー犬(足)
ふと気がつくと、「ハッハッ」とパンティングが酷くなり
ダラダラとよだれを流しているがく〜(落胆した顔)
休ませる為に呼び戻すが、指示に従わず犬(怒)
やっとリードをつけ休ませる。
すると、ずーと遠くに前回遊んで頂いたサッカー青年の姿が・・・
リードをピーンと張り、駆けてダッシュ(走り出すさま)行きたがるドロシー

「おいおい。お前は死ぬまで遊び続けるのexclamation&question
この広場、ドロシーにとっては、刺激のグレードが高すぎるようです。

こんな目茶苦茶な行動をどうすれば良いのでしょう顔(汗)
そこで、しつけ方教室のK先生にアドバイスを頂きました。

「まあ、いいかぁ〜」なんて軽い気持ちでドロシーをノーリードにしたのが、
そもそも大きな間違いと、何故かお見通しでした顔(ペロッ)

ドロシーとしたら、「わ〜楽しそうexclamation×2」と興奮した状態で放たれ、
本能の命じるまま、自由に動く物を追いかけ、思い切り楽しんでいるわけですから、そんな彼女の中では母の存在は不要になっているのです。
「お母さんなんていなくても楽しいも〜んるんるん

これでは、母の指示に従うはずも無く、いざという時に守ってあげる事も出来ません。

ノーリードにする時の注意点
それは、いかなる時でもドロシーが母を注目するようになった時点で、
「じゃあ行っておいで」と指示で放してやる事が重要

周囲の刺激が強ければ強いほど、母はドロシーにとって魅力的な存在でいるような努力が必要ですパンチ

私達パートナーのはずなのに、広場では全くバラバラでしたものね。
この状態を黙認していたら、ドロシーの目茶苦茶な行動はエスカレートしていったようです顔(なに〜)

                 pa-tona-1.JPG

ニックネーム グリンダ at 11:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

ところが・・・

先日お友達の出来た広場へ、夕方ドロシーと出かけました車(セダン)
ドロシーが広場に入って行っても、昨日とは違い心地良い雰囲気です。
ワンちゃん達はそれぞれに、楽しそうに走り回り、ボールなどで遊んでいます。
母もドロシー野球を投げてやる。
ところが・・・ドロシーは全力疾走で遠くへ駆けて行くダッシュ(走り出すさま)
ドロシーが向かった先には、一人でサッカーの練習する青年が・・・顔(汗)          
                    sakka-2.JPG
ドロシー、おいで〜」と大声で叫ぶ
全くの無視で、振り向こうともしないドロシー犬(怒)
青年は少し困ったな〜という表情を浮かべながらも、
ドロシーと遊んでくれている。   sakka-1.JPG

「あ〜良かった 犬嫌いの人じゃなくて」
それからも、何回連れ戻しても、他のワンちゃん達と遊ぼうともせず、
サッカー青年だけをひたすら追いかけ回すダッシュ(走り出すさま)困ったドロシー

「あ〜そういえば、あっちの方に堀があるよ〜」と言われた先に向かったドロシーは、何かにぶつかり、転がりながらも走り続けるダッシュ(走り出すさま)
15,16日のイベントの為、堀に板が被せられていたようです。
危ない、危ないがく〜(落胆した顔)

ドロシーの走る姿を見て、周囲の方々は呆気にとられた様子で、
ただ「スゴイexclamationスゴイexclamation」の連発
ドロシーの危険さを思い知らされた母顔(なに〜)

様々な刺激の中で、呼び戻しの練習を繰り返し、かなり完璧になったと
思っていたのに・・・
顔(泣)

ドロシーは思いきりサッカーを楽しみ
大満足な様子でしたが、       sakka-3.JPG
母は本当にガッカリしましたもうやだ〜(悲しい顔)


ニックネーム グリンダ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

デビルなドロシーです!

本日もしつけ教室へ車(セダン)行ってまいりました。
(ヒート中でもパンツをはいたら決定と言われた為)
途中、予約時間の勘違いに気づき、携帯電話をして時間を変更して頂いた
ドジな母ですふらふら
そのようなわけで、予定時間より大分早めに到着。

教室でウォーミングアップも済ませ、絶好調なドロシー犬(足)
そこへ、本日のクラスメイト、初対面のキャバリアのM君(生後8ヶ月の男の子)到着。
その姿を見るや否や、激しく吠えまくるドロシー
刺激にはめっぽう弱いドロシーなので、
今までも「遊べ〜」「遊びたいよ〜」といった要求吠えはありましたが、
初対面のワンちゃんに対して激しく吠えまくるのは初めてです。

ただ、オロオロする顔(なに〜)母に
 S先生「ドロシーちゃんが、M君 を見たら名前を呼ばずに、
     ご褒美をあげ続けて下さい」
しかし、ドロシーの興奮はおさまらずあせあせ(飛び散る汗)、S先生、リードをギュッと踏み、
暫く様子を見る。(自分で気分を鎮めるのを待つ方法)
暫くして、「フセ」のポーズをとるドロシー

本日のレッスンは、リード無しで飼い主について歩行する練習。
号令のみで「オスワリ」「フセ」をする練習ets
どうにか途中集中してレッスンを頑張ったドロシーだったのですが、
60分間ずーと異常なほどM君を気にしては、吠えていました。
そして、疲れ果てて足が絡まりドロシーについて行けない母に
 S先生「大丈夫ですか〜」と・・・何とも情けない顔(汗)

異常興奮状態のドロシーを気にもせず、
レッスンに集中しているM君は素晴らしいClap
そして、レッスン終了後、私にも挨拶に来てくれるM君。よい子exclamation×2
ドロシーも最後には冷静にご挨拶が出来たのですが・・・
「デビルなドロシーで〜す」と

以前、動物関係の仕事をしている友人から「キャバリアの悪い子って見たこと無いよ〜。キャバリアに決めたら〜」って言われた事を思い出しました。

「これが、ケアンテリアの大変さなのかしら〜」とすっかり落ち込んでしまい、
帰り道、運転しながら色々考えました。
ドロシーはヒート中、普通の状態ではないのです。
それなのに、良く頑張ってくれて、一緒に新しい事を勉強出来ましたGood
この状態がヒート中だけで終わってくれる事を願っています。

panntu.jpg
    
          


ニックネーム グリンダ at 23:50| Comment(3) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

突然の雨に!!

このところ、初ヒート、大雨などで中々散歩に行けずにいた
我が家のドロシー            ame2.jpg
本日は午後から晴天晴れに恵まれ、
夕方を待ちお散歩に出かけました犬(足) ame1.jpg

正気を失ったかのように、あちこち臭いを嗅ぎまり、
すでにオシッコも出ないのに、しゃがんで
オシッコポーズをとりまくるドロシー ame3.jpg
(何で〜?
暫く歩いて、ようやく落ち着いた様子で、母の顔をジ〜と見上げながら、
リードを引っ張らずに上手に歩くドロシー
「いい子ね〜」とご褒美のフードをあげるが、ペッと口から出す。
「あ〜あ顔(なに〜)
そしてやっと外を歩く事にも慣れ、格好良いお散歩スタイルに・・・わーい(嬉しい顔)

ところが、ポツポツと降り出した雨が、次第に大降りに
ドロシー。走るよexclamation
しかし・・・
母の足をじゃれ噛みばかりして、危なくて前に進めないちっ(怒った顔)
ドロシー。遊んでいる場合じゃぁないでしょうexclamation
というわけで、数百メートルドロシーを抱っこして走る羽目になってしまいました。
もう、一緒にビショビショもうやだ〜(悲しい顔)
ドロシーはすっかり満足な様子でしたが・・・ame4.jpg
ニックネーム グリンダ at 22:55| Comment(3) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

ドロシーの不安

先日は一日中パニックに陥ったように吠え続けた我が家のドロシー犬(足)
その次の日は朝から少し落ち着いた様子。
「やめ〜」と静かに話しかける母の声を意識して、静かに出来る頻度が多くなったのです。
「昨日のレッスンの効果が少しはあったのかな〜」と
内心ほくそ笑む顔(イヒヒ)

そして、その夜には外の物音など気にせず、安心のポーズで
眠り続ける眠い(睡眠)ドロシー

突然酷く吠え始めた事について、原因がなかなか思い当たらなかったのですが・・・
1つだけ違っている事がありました。
ドロシー父が出張の為、4日間不在だったのです。
そういえば、2泊目の朝からドロシーのパニック状態が始まったのようです。

犬は不安を感じると、自分を守る為に吠えるようです。
特に臆病な犬はそういった傾向が強いそうです。

ドロシーったら母だけでは不安だったのでしょうかもうやだ〜(悲しい顔)
父が家出をしたとでも思ったのでしょうか?
ドロシーは勇敢な少女だったはずなのですが・・・

真実はともかくとして、暗闇の中から、この音は何?と思えるほど、
不気味な音が響く中。父の脇で安心ポーズで眠る眠い(睡眠)ドロシーの姿が・・・
   
   titi1.jpg        titi2.jpg

しかし、来客に対して吠えるドロシーの行動は相変わらず続いています。
レッスンはまだまだこれからですパンチ

ニックネーム グリンダ at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

ドロシーのパニック!!

生後4ヶ月頃まで吠えなかったドロシーも、
周囲に興味を持ち始めた生後5ヶ月頃より吠え始め、
次第に頻度や激しさを増しています顔(え〜ん)
良く吠えるように選択繁殖されたケアンテリア、
覚悟はしていたのですが・・・

一般的には無駄吠えと表現されますが、私は無駄吠えという言い方には抵抗があります。
犬にとって吠える事は本能であり、喜びであり、全く正常な行動なのですから。
ただ吠えるタイミングが人間にとって不適切なだけだと思うのです。

とはいえ・・・
本日は早朝から不適切なタイミングで吠え続けるドロシー顔(汗)
近所の人の話し声、物音、子供の泣き声など外から聞こえてくるすべての音に
反応して、テリア特有の甲高くて力強い声で吠え続けるのです犬(怒)
            
              hoeru1.jpg

そこで・・・
 1他の事に集中させる為コマンドトレーニングをしてみる。
   上手に出来るものの、終わるや否や吠える。
 2少し吠えたところで「やめ〜」と号令をかけ、
   数秒黙っていたら右褒める右ご褒美を繰り返す。
 3ドロシーの気を静める為、抱っこして胸を静かに撫でる。
   それで少し眠るが目が覚めると興奮。
 4静かにしている時を見つけ、褒めて右ご褒美を
   根気良く繰り返す。
   一日中忙しく、あれこれやってみる。

いずれは、吠えて欲しい時に吠え、止めて欲しい時に吠えるのを止める事が出来る事を夢見ているのです。

トレーニングは始めたばかり、前途多難な気配が・・・犬(泣)
しかし、くじけるわけにはいきません。
ドロシーと一緒に頑張りますパンチ
          
               panikku 2.jpg


ニックネーム グリンダ at 22:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

え〜これって権勢症候群の始まり!?

最近やけにきかん坊ぶりを発揮している
我が家のドロシー犬(足)       kennsei2.jpg
当然わかっていると思われる指示を無視犬(怒)
また、気に入らない事をすると、「ウ〜」って唸り、噛み付く動作
(本気噛みではないのですが・・・)

『犬の群れの中で階級が決まる時期は生後5〜6ヶ月。
その重大な時期において、優れた観察者である犬から見て、
飼い主がリーダーと認められないとするなら将来の教育が
難しくなる。』と書かれた本を読み、思わず青ざめるがく〜(落胆した顔)

慌てふためきあせあせ(飛び散る汗) インターネットで権勢症候群診断を見つけ、
やってみた結果、ホ〜と一安心。
しかし、安心は出来ません顔(汗)

そこで、現在の状態を反省してみました。
 1ドロシーが喜んでベッドに上がり、一緒に眠りたがるので、
   ベッドで一緒に眠ったり、膝の上にピョンと上がるので
   そのまま許していました。
   これらについては、主導権がドロシーになっていました
   この状態でまだ一緒に眠るのは早すぎたようです。

 2日々の疲労度によって、ドロシーの悪戯に対して感情的に
   なっていました。また、「まあ。いいか」と面倒臭がる事も・・・
   しつけに一貫性が無かったようです

 3周囲の環境を整えたり、ドロシーの良い行動を見つける
   観察力が不足していました


可愛いドロシーと楽しく暮らす為の努力が
まだまだ足りないようですねパンチ  kennsei1.jpg



ニックネーム グリンダ at 23:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

私たち一緒に分離不安!?

もう直ぐ生後7ヶ月になる
我が家のドロシー犬(足)       huann2.jpg
お留守番する機会が度々あるにもかかわらず、中々一人でいる事に慣れないようです。
母が少し玄関の外に出ただけでも、大きな鳴き声を上げて大騒ぎです。
外で聞いていると、長くても10〜15分位で泣き止むようですが・・・
どうも、母が聞こえていると思うと泣き叫び犬(泣)
そのうち鳴いても無駄と思うと諦めているようなのです。

生後3ヶ月の頃、外出トレーニングを徐々にしようと思っていた矢先に、いきなり長い時間留守番しなければならない事件がありました。

しかし、それからも色々本調べ、努力をしてきました。

そして今、仕事などで長い時間留守にする時は、コングに取り出しにくいように工夫してご馳走を詰め、ドロシーをケージに誘導します。
  ポイント1 そして、ドロシーがコングに夢中になっているうちに
           ソーと出掛ける計画です。

しかし、いけないと思いつつも、ソーとドアを開け、ドロシーの様子を
ついついうかがってしまうのです。
すると、必ずとびきり可愛い表情でジーと見つめるドロシー顔(メロメロ)
そして、いつも後ろ髪を引かれながら外出する羽目に陥るのですもうやだ〜(悲しい顔)
しかし、ドロシーは鳴きません。母が出てからも鳴かないそうです。
悪戦苦闘してご馳走を食べているうちに時間が経過し、そのうち諦めてしまうようです。

  ポイント2 帰宅後は、自分の用事を済ませ、ドロシー
           落ち着いてから声をかけるようにします

ところが、実行はしているのですが、中々興奮状態が冷めやらないドロシー。顔を噛み噛みの大歓迎。すご〜く痛いけど、嬉しい再会です顔(笑)
                
                      huann1.jpg
分離不安の酷い犬は、1日中鳴いていたり、ストレスで体調が悪くなったり、物を壊したり、と大変な状態になるそうです。
そう考えると、ドロシーはまだましかなexclamation&question
なんて思っているのですが・・・



ニックネーム グリンダ at 22:51| Comment(3) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

ドロシーのお散歩中の問題は・・・

本日も絶好調な我が家のドロシー犬(足)
少し前の記事で子供好きと書きましたが、少し勘違いしていたようです。
ただ、彼女は少し刺激的なものを目にすると、直ぐに反応し、興奮してしまうのです。

その為、先日のしつけ方教室で失態をやらかしてしまいました。
その日のお仲間は、生後2ヶ月のジャック・ラッセル君とマルチーズのKちゃん。その中に、ド〜ンと一際大きい我が家のドロシー。

お散歩の練習中の出来事です。
 S先生「飼い主さんに上手について歩く事が出来た時に
     ご褒美をあげて下さいね」
一同一斉に歩き始めた途端に、教室中がエキサイティングな状況に陥ってしまいました。
 S先生「どうしちゃったの〜exclamation&questionみんな」

可愛いチビちゃん達に対する気持ちの高まりを抑えきれないドロシーが、みんなを挑発して大騒ぎになっている様子あせあせ(飛び散る汗)

そこで、1頭づつで練習を・・・
 ドロシー母「ドロシー、上手に出来るじゃない」Clap

 S先生「ドロシーちゃんは散歩の時、周囲の刺激に対して
     興奮しないようにする為、出来るだけ刺激のある所で
     魅力的なご褒美を使って練習して下さいね」

そこで、本日ご褒美を色々考え、(ササミと砂肝を茹でてみた)
張り切って公園に到着。時間は6時半に・・・
やっぱり遅すぎた顔(汗)
犬は1頭も見えない。池で釣りをする人がチラホラと見えるだけ。

どうやらご褒美選びで時間をかけすぎてしまったらしい。
ドロシー。これじゃあ刺激なんてな〜んにもないよね」

何とも情けない母でした顔(ペロッ)     ekisaito1.jpg
   




ニックネーム グリンダ at 23:02| Comment(4) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

ドロシーの逃走!

本日も絶好調ケアンテリアのドロシー犬(足)
母と夕方の公園へ散歩に出かけました。

ちびっ子広場では子供たちが大勢楽しそうに遊んでいました。
子供とは日頃接する機会のないドロシーですが、実は子供が大好きハートたち(複数ハート)
一緒に遊びたいという気持ちの高揚を抑えられなくなってしまったドロシー犬(笑)
「これは、良いブログのネタが出来た」顔(イヒヒ)と思い、鞄からゴソゴソとカメラを取り出した隙に、スルッとリードが手から外れてしまう。
「ヤッタ〜」とばかりに母をかわし、嬉しそうに逃走するドロシー
子供たちの所へ一目散に駆けて行くダッシュ(走り出すさま)
「このまま追いかけても逃げられるだけ。冷静に、冷静に」と自分をなだめながら、ふとドロシーの方に目をやると・・・
「あの〜これ」と若いお母様からドロシーのリードが渡される。
モタモタした鈍臭い飼い主って思われたかも〜と思わず赤面。

そして情けない写真右  tousou1.jpg

気を取り直して散歩を続行。
すると鞄の中から携帯電話が鳴り響く。
取り出そうと思った途端落としてしまい、拾っている隙に再びドロシー逃走・・・
すばしっこく走り回るダッシュ(走り出すさま)ドロシーのリードをやっとつかむ。と
その時「私で〜す」と私たちにに向かって手を振る女性が見える。
何と、グルーマーのI先生
2回目の逃走の一部始終を見られていたらしい。はずかし〜
一ヶ月ぶりの再会でしたがドロシーは覚えていました。
嬉しくて大興奮のドロシー
暫く毛の状態を見たり、遊んだりして頂き「さようなら」しました。
先生を見送るドロシーの後姿。寂しそうでした犬(泣)
「でもドロシー。今日は楽しい散歩だったでしょうexclamation&question」 
tousou2.jpg
母は自分の鈍臭さを自覚させられましたもうやだ〜(悲しい顔)

先日公園で「オイデ」がスムーズに出来たのは、(誰もいない場所を選んだ為)周囲にドロシーが誘われるものが何も無かったからですね。 
まだまだ子供。周囲の色々な誘惑に惑わされなくなるには、まだまだ時間がかかるのでしょうね。



ニックネーム グリンダ at 23:18| Comment(8) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

ドロシーとの危うい関係

本日も絶好調な我が家のドロシー犬(足)
先日のしつけ方教室での出来事です。
愛犬が飼い主に長い時間注目していられる為、連続的なアイコンタクトのレッスンを受けました。

まず、細かくしたおやつを沢山手に持ち、顎の所に持っていく右
目が合ったら右「いい子」右ご褒美(注:この時、私の手の中にはご褒美が沢山ありますよexclamation×2と匂いを嗅がせ、アピールする)
この一連の動作を連続して繰り返します。

タイムを計ってクラスメイト4頭で競い合う事になりました。
ところが、ドロシーは全く集中力が無く、アイコンタクト1回毎に床ばかり気にしている。
それではと、ご褒美のグレードアップ(ささみジャーキー次項有チーズ)を図ってみるが、失敗に終わる顔(え〜ん)
挙げ句のはてには、クラスメイトHちゃんのお母さんの「H、おいで」の言葉に素早く反応し、「ハイ。ハイ。ハイ」とばかりに駆け寄るダッシュ(走り出すさま)ドロシー犬(笑)
ご褒美は同じチーズですよ。確かにHちゃんのお母さんは若くて美人ですけど・・・

「まず、ドロシーちゃんとお母さんの関係を良くしましょうね」と先生より一言・・・ショック顔(泣)

そこで、家で再びレッスンをする事に・・・
最近、りんごを見ると興奮せずにはいられないほど、りんごが大好きな
ドロシー犬(笑)
そこで、りんごを細かく刻み連続的なアイコンタクトの練習をしてみました。
なっなんと、ジ〜と母の目を見つめ続けたドロシー決定

ところでドロシー
母とりんご、どっちが好きですか?   rinngo.jpg

ニックネーム グリンダ at 22:15| Comment(5) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

ドロシーに誘われて鬼ごっこ?

生後5ヶ月になり本日も絶好調な我が家のドロシー犬(足)
乳歯も生え変わり、あんなに酷かったあま噛みがいつの間にか落ち着いてきています顔(笑)

ドロシーのあま噛みに対して「イタイ」右 サークルに入れる事を繰り返してきましたが、最近のドロシーは、その母の反応を楽しむという困った行動をとるようなりました顔(なに〜)

母が忙しそうにしていると、突然足首付近にかなりの力で噛みつくドロシー。その後に起こる楽しい事を狙っての行動なのです犬(笑)

そこでドロシーの思惑通りに「イタイ」と言った瞬間、スイッチが入ったように、俊敏な動きを見せながら楽しそうに逃げ回るのですダッシュ(走り出すさま)
すばしっこくてなかなかつかまえる事が出来ません。
「酷い事をすると遊んであげないわよちっ(怒った顔)」と教えるつもりが、いつの間にか鬼ごっこをして遊んであげている事に・・・
危ない、危ない顔(汗)

そこで最近では痛いのをひたすらジ〜と耐えて、無言のままつかまえてサークルに入れるようにしていますGood
いつの間にか鬼ごっこをさせられているなんて・・・
恐るべしケアンテリアexclamation×2     kamu3.jpg  


ニックネーム グリンダ at 22:39| Comment(3) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

ドロシーおもちゃで遊ぼうよ!

遊ぶことが大好きなケアンテリアのドロシー犬(足)
私たちと一緒に遊ぶことが大好きなのですが、残念ながらドロシーと遊んでばかりもいられません。
そこで、何とか一人でも遊んでいて欲しいと思い、色々悩みながら、
おもちゃを揃えてみました 
          itazura5.jpg
しかし、おもちゃにあまり興味を示さず、
すぐに飽きてしまうのです犬(怒) 

そして、母としては遊んでもらっては困る物ばかりと  
          itazura1.jpg      
itazura3.jpg      itazura2.jpg
格闘しているドロシーなのです顔(なに〜)

そこで、しつけ教室のK先生におもちゃに夢中になってくれない事について、ご指導頂きました。
まず、ドロシーはおもちゃの遊び方がわからないのです。
そこで、ただおもちゃを与えるだけでなく、遊び方を教えなければなりません。
その為、おもちゃにペーストなどを塗ったり、おやつをうまく付ける工夫が必要です。ローハイドのガムにもペーストを塗った方が良いそうです。
あとは、ドロシーが望むままに色々なおもちゃを交換するのではなく、1日1個と決め、飽きたら取り上げ、時間をおいてから再び与えたほうが良いとの事。
「あまり面白くないなあ。でもあった方がましだな」とドロシーも考えるのだそうです犬(笑)
遊び方がわからないなんて・・・本当に言われてみればそうですよね。
色々工夫してドロシーが楽しく遊べるように頑張りますパンチ





ニックネーム グリンダ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

ドロシーに分離不安の兆候が・・・

いつも絶好調な我が家のケアンテリアのドロシー
しかし、お留守番の時だけは、すっかり不調になってしまいました犬(泣)

計画的に外出トレーニングを進めようと思っていた矢先。
なんと、ドロシーの父が大怪我をしてしまい、夜遅く救急車で病院に運ばれる大事件が起こりました。
ドロシーは母と一緒に半狂乱になった後、何の準備も無く、突然6時間の留守番をする事になってしまいました顔(汗)
それから暫くは、ドロシーの都合に合わせる事が出来ず、病院通いが続きました。

世の中本当に思いどおりにいきません。
その事件以来、ドロシーの監視の目の厳しい事。
色々な手段を使い、気をつけてはいるのですが、出かける事が、
ドロシーにはすぐにわかってしまうのです。
そして、ほんの短時間の外出(ゴミだしなど)でも鳴いて大暴れです犬(足)
外出から帰ると、ドロシーが落ち着くのを待ってから、サークルから出すのですが、目茶苦茶な行動が目立ちます。
本当に困りました。sabisii.jpg

ドロシーの父は回復に向かっているのですが、
ドロシーの困った行動は良くなる様子がありません顔(泣)
ニックネーム グリンダ at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

ハウスなんて大嫌い

本日も絶好調なケアンテリアのドロシー
あまりに絶好調すぎて、ついつい興奮状態が酷くなり、そうなると、噛み噛み攻撃が始まり、止められなくなります犬(足)
最後には気分を落ち着かせる為にサークルに入れるしかありません。
(決して罰のつもりでサークルに入れるのではありません。)

サークルの中を好きになってもらえるよう、食事の場所にしたり、スペースを広く取ったりなど、色々工夫をしているのですが・・・
何しろ食事より遊ぶことが好きなドロシーにとっては、サークルに入れられる事は罰になってしまうようです犬(怒)

taihenn.jpg

しかし、サークルの中はドロシーのくつろぐ場所でなくてはなりません
そこで、獣医さんからアドバイスを頂き、サークル内で良い子にしている時に、褒めてご褒美をあげる事を1日数回実行しています
1ヶ月位続けていますが、サークル内で良い子でいる時間が長くなりました顔(笑)
ドロシーがサークルの中にいる時くらいは
ゆっくりしたいと思う母なのですが、
そういうわけで、大忙しです顔(なに〜)osumasi2.jpg



ニックネーム グリンダ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

あまがみ困っています

 ドロシーは生後50日くらいで、乳歯が生え揃っていました。
あまがみが酷く、特にファンヒーターのコードや、人の手・足を噛むのは困りました。
そこで登場したのは噛み癖防止スプレー。ファンヒーターのコードについては、2〜3回で直ぐに懲りた様子。効果てき面でしたGood
しかし、困るのは人の手・足を噛むことです顔(汗)
生後2ヶ月半になった今、少し大人になったので、冷静な時は良いのですが、興奮してくると激しい噛み噛み状態になります。

色々な事を試してみましたが、現在実行中の内容を上げてみます。
1噛んだ時は、「痛い!」と叫びサークルに入れる。
  ・・・人間を噛んだらつまらない事を自分で学習させる
2ロール状のローハイドガムを噛んでいる。
  ・・・色々仔犬用のゴムの噛む玩具を試したが好まず
3ドロシーが出来るだけ魅力的と思える玩具を与えたり、工夫して楽しく遊べるようにする。 
 ・・・購入したゴムの玩具より、タオルを縛ったものや、ぬいぐるみに紐をつけた物を好みます
4噛み癖防止スプレーを手や足にバシャバシャとつける。
  ・・・しかし、今では直ぐに苦くなくなる事に彼女は気づいている
5ドロシーが興奮してきたら「オスワリ」の指示を出す。
6ドロシーが興奮してきたら行動を止めたり、ゆっくりする。
7あまりしつこく手に噛み付く時は、口の中に手(グー)を入れる。
                               以上です

少しずつではありますが、効果は出て来ているように思います。しかし、日々成長していますので、事は深刻です顔(泣)
他に何か良い方法をご存知の方は教えて下さい。
この先どうなることやら、またご報告したいと思います。


 画像 075.jpg          画像 066.jpg
ニックネーム グリンダ at 22:46| Comment(1) | TrackBack(0) | ドロシーの困った行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする