2012年01月12日

2012年 初トレ(^_^)v

この冬、ドロシー地方では雪が降り続いておりますふらふら
雪道では、車で出る事がついつい億劫になってしまいますバッド(下向き矢印)

先週末はドロシー父が同行してくれましたので、一か月ぶりにアリスの実家パートナードッグさんへレッスンに行って来ました車(セダン)

玄関を入ると、何とアリスの妹ウナちゃんが待っていてくれましたるんるん
久々の再開にみんなで大興奮

やっと撮る事が出来ました あせあせ(飛び散る汗) 下

hatutore2.JPG

どっちがアリスでしょう?

こんな時、ドロシーは完全に蚊帳の外むかっ(怒り)
「私、お呼びでないようなので帰ります」と言わんばかりに外に出たがるドロシー

レッスンは・・・
渋谷先生から「ドロシーちゃん、家ではどうですか」って聞かれ・・・

実は宿題が沢山出ていたのに、遊び呆けていた私達顔(汗)
私達の関係を一目見るなり、バレバレだったようです顔(ペロッ)

この日、先生の提案で久々にクリッカーレッスンをしたドロシー

hatutore1.jpg

生き生きとして楽しそうなドロシーの姿を見たのは暫くぶりでした
わーい(嬉しい顔)

そういえば、最近はついついアリスペースの生活になっていて、あまりドロシーをかまって上げていなかったなぁ顔(汗)

雪で外に出られない日々はクリッカーで頭を使うのはお勧めです。
家でもガンバローパンチ

アリスのレッスンは
「ヒール」「マッテ」「抱っこ」「引っ張りっこ」
アリスの事「俺の犬、俺の犬」と言っているドロシー父ですが、母以上に何にもやっていない事がバレバレのぎこちないハンドリングに笑った笑った・・・

hatutore3.JPG

この日アリスはトリミングして頂きましたぴかぴか(新しい)
「アリス毛玉だらけだよ〜むかっ(怒り)」って
雪の中で遊ばせ過ぎでしょうか・・・
一所懸命ブラシングしているんですが・・・
プードルのお手入れはムズカシ〜顔(汗)

待ち時間、ドロシーはジムで大好きなサッカーの練習です。

hatutore4.JPG

hatutore5.JPG

目指すは澤選手パンチ(うふっ)

何だか舞いあがったり、落ち込んだり、頭使ったり・・・
我が家のワンズは疲れたけど楽しい一日だったようです。
お転婆アリスが次の日一日寝てましたから・・・顔(笑)

ニックネーム グリンダ at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

「オイデ」の勘違い!!

「オイデ」って言葉は、いざという時に愛犬の命を救う大切な言葉です。
ですから、ドロシーが幼少の頃より一生懸命に教えて来たつもりでした。

ところが、我が家のドロシー「オイデ」に対する反応は
「ドロシー、オイデ」右  先ずはフリーズ右  「どうしようかな」って考える素振り右   自分にとって良い事があると確信した時のみ来る
といった具合です顔(汗)

パートナードッグの渋谷先生曰く、ドロシーが理解している「オイデ」は、行きたい時は行くし、行きたくない時は行かないって事になっているらしいもうやだ〜(悲しい顔)

そこで、今は「カム」の合図で初心に返って特訓中ですパンチ
先ずは、家の中でしっかり練習を繰り返し、

kamurenn4.JPG

そして、やっと雪が解けて久々に出かけた公園でも

kamurenn2.JPG

kamurenn3.JPG

今度こそ、失敗は許されませんからね顔(ペロッ)

kamurenn1.JPG
ニックネーム グリンダ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

愛犬の為の災害対策は・・・

久々のブログアップとなりました。
我が家のドロシー、本日も元気に過ごしております。
hiunann1.JPG

東北地方太平洋沖地震が発生した先月の11日、我が家も大分揺れましたが、こんな大惨事になるとは想像もしませんでした。
そして、12日の真夜中に長野北部地震が発生し、その時我が家はかなりの揺れを感じました。
直ぐに着替えをして、防災グッズ、水、ドロシーの食事‥を車に詰め込み非難の準備をしました。
その後朝まで何回かの揺れを感じながらまんじりともせず朝を迎えた私達です。

その日は仕事だったので、年老いた義母とドロシーを家に置いて出るのは心配で心配で・・・
そこで、義母は近くの親戚のおばさんにお願いし、ドロシーは職場に連れて行き、車の中で一日待たせようと決心Good

親戚のおばさんにお願いしたら、義母さんは快く引き受けて頂いたものの「犬はダメだよ」って言われ・・・
初めからドロシーまでお願いしようなんて考えてはいなかったんですがねもうやだ〜(悲しい顔)
(今考えてみたら、夫の親戚一族は犬嫌いばっかりなんですがく〜(落胆した顔)

職場に到着し、事情を同僚に話すと「まぁ〜可哀想休憩室に連れてお出でよ〜」って言って頂いて・・・その日は犬好きのメンバーで助かりました(^_^)v
「捨てる神あれば、拾う神あり」ですねグッド(上向き矢印)

本来ならば犬の連れ込みは出来ない職場なので、一日中ケージの中で良い子で過ごしたドロシーです黒ハート

こんな感じで下
hinann2.JPG

「良い子に育てたね〜exclamation×2」って褒めて頂いたドロシーです。
もっとも、今までにも褒められた事はケージの中で良い子で過ごせる事だけなんですがね。

hinann3.JPG

「『オイデ』って言うまで出て来ちゃダメよドロシーむかっ(怒り)

しかし、災害時避難所で一緒に過ごす為、クレートトレーニングは大切は事だと更に実感した体験でした。

ニックネーム グリンダ at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

2011 初トレ(^_^;)

今年のスーパードッグスコンペティションには、ドロシーと一緒にアジリティー競技に参加したいと考えています(●^o^●)

そこで、昨年末よりパートナードッグさんでスラロームの特訓を始めたドロシーです。

hatutore1.JPG

ところが、連日の雪雪雪あせあせ(飛び散る汗)
レッスンの予約をしていても中々トレーニングに通えない日々ですもうやだ〜(悲しい顔)

今年初めてのトレーニングでは・・・

「覚えていたんだ〜るんるん」って喜んだものの
途中、リズムが狂ってしまうと、大慌てで何が何だかわからなくなり(-_-;)

ドロシーちゃんて慌てん坊さんだね〜」なんて何度も先生に笑われて・・・
実はこんなところは、母とそっくりなんですよね顔(ペロッ)

hatutore3.JPG

たった30分間のトレーニングなのに、集中力が途切れてしまって匂いを嗅ぎまわってみたり顔(汗)

hatutore2.JPG

数年前に、数回誘導法で教えて頂いたのですが、今回はドロシーが自分で考える方法で頑張っていますパンチ
ニックネーム グリンダ at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

引っ張っても無駄だよ〜

このところ、少しずつ日が長くなってきて嬉しいですねグッド(上向き矢印)
先日、晴れた日の夕方ドロシーとお散歩に出かけましたるんるん

実は、近所でのお散歩は久々だったのです。
外に出た途端思いっきりリードを引っ張って進もうとするドロシーダッシュ(走り出すさま)

muda1.JPG

「うひゃ〜exclamation×2前に進めないよ〜あせあせ(飛び散る汗)
実は最近では、ドロシーの「引っ張り癖」はかなり解消していました。
とはいえ、慣れた道ならかなり優雅に歩けるものの、初めての場所や、以前楽しい思いをした場所ではまだまだ難しい状態なのですもうやだ〜(悲しい顔)

つまり、
いったん興奮状態に陥ると、母と約束した事など完全にどっかに吹っ飛んでしまっているのです。たらーっ(汗)

muda2.JPG

散歩を中止しようかと思いましたが、彼女が興奮している理由を考え、引っ張られたら止まるを繰り返しながら、ゆっくりとお散歩を続ける事に・・・

ななな〜んと、普通なら20分位で歩ける道を約1時間かけてゆっくり進み、家に到着する頃には、辺りは既に真っ暗になっていました顔(なに〜)

このような興奮し易い犬には、やっぱりジェントル・リーダーが有効なようですGood
実は、以前無理やり使いすぎて、ジェントル・リーダーを見るだけで逃げ出すようになってしまったドロシーです顔(汗)

現在、普通に嫌がらず装着が出来るようにトレーニング中ですパンチ
そして今、ほんの短時間ならこの通りになりましたよ下

muda3.JPG
ニックネーム グリンダ at 22:37| Comment(5) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

色々な「マッテ」!?

先日、洗濯機に洗剤を入れようとして、ついついうっかり周りに粉洗剤を撒き散らしてしまいました。
「何だ何だ〜exclamation&question」って様子で、嬉しそうに駆け寄って来るドロシー犬(足)
大変だ〜がく〜(落胆した顔) そこで空かさず「マッテ」

matte1.JPG

「マッテね〜」と言いながら慎重に雑巾を動かしてみると、ジ〜目と誘惑に耐えながら良い子で待てたドロシーです。
実は「マッテ」が緊急時に使えたのはは初めてなんですClap

ところが、明日のスーパードッグスコンペティションの最終調整に行った時の事です。
スタートを切る前の「マッテ」が中々出来ないドロシー
暴走ダッシュ(走り出すさま)しては、場外に退場犬(泣)

matte2.JPG

全く、競技の練習どころでは無い状態にもうやだ〜(悲しい顔)

ドロシーは早く走りたい気持ちを抑えながら、他のワンコ達、周囲の人、色々な物音、カラス等々沢山の刺激がある中での「マッテ」になるんです。

明日、大会に出場予定ですが、「マッテ」が出来ない場合、スタートせずに退場するつもりです。
あ〜今からドキドキ揺れるハート
せめて、一緒に走れたら良いのですが・・・

matte3.JPG
ニックネーム グリンダ at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

トレーニングは何の為?

ドロシーが我が家の一員になって、早2年。
2年の間に、ドロシーは色々な事を覚え、少しづつではありますが、話のわかる犬に成長していると思いますわーい(嬉しい顔)

syosinn2.jpg

特に、トレーニングモードの時は、表情もキリッとして、完璧に母のコマンドに従う事が出来るのですが、いったん興奮のスイッチが入ってしまうと、なんにも見えない、聞こえないただの暴走犬と化してしまうのですふらふら
チョットした事で興奮してしてしまうのが、ドロシーの欠点。
ですから、普段は出来る事でも、いざという時には全く使えないわけですもうやだ〜(悲しい顔)

syosinn1.jpg

ドロシーと日々トレーニングに励んでいる理由。
それは、良いコミュニケーションがとれるようになって、一緒に楽しく暮らせるようになる事は勿論ですが、

何より、ドロシーの命を守る為です。

そこで、今年の目標
 1今出来る事を、一つ一つ完璧に出来るようにする。
      ・・・いつでも、何処でも、どんな時でも出来るように

 2色々な環境に慣れる
      ・・・ドロシーの興奮の程度を抑えられるように

今年もドロシーと一緒に頑張りますパンチ

syosinn3.jpg
ニックネーム グリンダ at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

ドロシーの食事前の挨拶!?

人間社会に生きる犬にとって、人間社会のマナーを守るのは大切な事。
そこで、ドロシーは我が家の一員になって以来、食事前の挨拶は欠かしません。

聞く話によれば、食事前に覚えているトリックを一通りやり終えてからお食事という厳しいお宅もあるとか・・・がく〜(落胆した顔)

食いしん坊な自分に置き換えて考えてみると・・・
腹が減ってイライラした状態で、ゴチャゴチャ言われたら・・・ちっ(怒った顔)
怒って暴れださないまでも、きっと文句の一言も言っている事でしょう。
素直に従ってくれる犬達は本当に我慢強い動物ですね顔(メロメロ)

ドロシーの「いただきます」はいたってシンプル。
母の言葉に合わせて一瞬「オスワリ」するのみ。
ドロシーが器の中に顔を突っ込まないよう、器を手で押さえて「いただきま〜す」を繰り返してきました。

itadaki1.jpg

ところが最近、ドロシーは「いただきま〜す」の言葉を覚えたわけでは無く、手の動きのみを見て、判断している事に気づきましたふらふら

犬は言葉より、動きを観察するのが

得意ですから・・・


そこで、「いただきま〜す」と言ってから、手で押さえる方法で練習してみましたパンチ

itadaki2.jpg

そして、今では号令のみで挨拶が出来るようになったドロシーです。

itadaki3.jpg



ニックネーム グリンダ at 23:33| Comment(5) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

ドロシーがリラックス出来る場所

我が家のドロシーは、好奇心旺盛で、何に対しても物おじせず勇敢に向かって行くケアンテリアです。
しかし、その反面とっても甘えん坊さんなのです。
このように           rirakkusu1.jpg
お膝の上が大好きですわーい(嬉しい顔)

しかし、飼い主さんのお膝に上で眠っていても、飼い主さんが動く度にビクビクしたり、時には驚きのあまりに飛び掛って来るワンコを知っています。
(勿論、我が家のドロシーではありませんよ。)

そこで、お互いの絆を深める為、「母の膝の上は、安心出来る場所なのよ。」と教える事が大切です。

 1膝の上にドロシーを仰向けにして、
    しっかり抑える。   rirakkusu3.jpg
 2元に戻ろうと、ドロシーが力を入れたら、しっかり抑える。
 3ドロシーが力を抜いたら、こちらも力を緩める。

以上をお互いにリラックスした状態で、
ゆっくりと繰り返す
。    rirakkusu2.jpg

 ※この時決してドロシーを落としてはいけません

犬がお腹を見せた無防備な状態で抱っこするという事は、よほど相手を信頼していなければ決してしない事ですから・・・


ニックネーム グリンダ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

ドロシーの「引っ張り」あと一息!?

昨年の11月頃より右肩と右膝の痛みが酷く「あ〜あ、○十肩だわ〜もうやだ〜(悲しい顔)」と、意気消沈していたわけですが、最近すっかり良くなっている事に気づきましたわーい(嬉しい顔)
そして、いつの間にやらドロシーの引っ張り癖も大分改善され、チョッと格好良く歩けるようになってきましたGood

良〜く考えてみると、どうやら、母の関節痛と、ドロシーの引っ張り癖
には因果関係があったように思います。
「引っ張る」右「止まる」のやりすぎでは・・・

しかし、まだまだ完全に直ったとは言えません。
ドロシーにとって、興味ある事や、楽しい事がある場所に向かう時は、興奮が抑えられず、「引っ張り」がどうにも止まらなくなってしまうのです顔(なに〜)

そして、hipparu1.jpg  hipparu2.jpg

                hipparu3.jpg  

沢山遊んで、        hipparu5.jpg

満足した後はこの通り   hipparu4.jpg


あまりに興奮状態が酷い時は、 ジェントルリーダーイージーウォークハーネスをフル装備をするようにとK先生よりアドバイスを頂き
ご覧の通り          hipparu6.jpg


ついつい「ドロシー、可愛そう〜」と思ってしまうのですが、興奮が抑えられない状態では、もっと酷い事になりかねません。

ドロシーあと一息、ファイトパンチ

ニックネーム グリンダ at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

報酬は気前良く!!

本日も、靴下を咥えては母の方を振り返りながら、得意げに逃げ去って行く我が家のドロシー犬(足)

このような場合、大抵「ドロシー、持って来て〜」「チョウダイ」と言えばトコトコと現れて、「ほ〜らよ」といかにも偉そうに投げてよこすのです。
(勿論彼女は、この後の報酬が目当てなのですが犬(笑)・・・)

遊びながらの「ゲット=どうぞ」    auto4.jpg
「アウト=チョウダイ」についても、  auto5.jpg
離したら遊んでもらえる事が報酬になるので良く出来るようになりました。

ところが、大好物のアキレスなどについては、まだまだしっかり取り込みますもうやだ〜(悲しい顔)

一向に改善の兆しが見えない為、しつけ方教室でまたまた、レッスンを受ける事にしましたわーい(嬉しい顔)

ドロシーの大好物、カンガルーの肉付きアキレスを咥えさせながら、下にパラパラとこれも大好物をばらまく。

すると、
 S先生ドロシーのママはけちですね〜exclamation×2

何回やっても、パラッパラッとケチる母を見て、S先生「・・・」

 S先生「大変な仕事をして頑張った後って、
     私達も沢山の報酬が欲しいですよね。
     犬も一緒ですよ〜。
     お腹をこわす事や、太る事を心配するより、今はまず
     キチンと覚えてもらう事が大事です。」

大切な物を離すべきかどうか、ドロシーも一生懸命考えながら頑張っているんですものね。

大仕事をする時の報酬は気前良くパンチです。


ニックネーム グリンダ at 23:02| Comment(4) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

「引っ張り癖」一進一退

お散歩レッスン開始から、一年チョッと経過し、一進一退を繰り返しながら、まだまだ完全に克服出来ないドロシーの「引っ張り癖」

様々な方法を取り入れ、 「重心が変だよ」と教え、 イージーウォークハーネスを使い
努力してきましたパンチ

最近では、引っ張る右立ち止まる 
    (それでダメなら)右更に後ろに向かって歩く
といった方法でトレーニングしています
       
チョッと前、周囲の様々な事を、やけに気にするようになってから、特に引っ張りが酷くなり、家の前で行ったり来たりを繰り返し、そのまま帰って来る事もしばしば・・・
近所の方から、さぞかし変な女と思われた事でしょう顔(汗)

ところが最近、母が立ち止まると「どうしたのよ〜?」といった表情で戻って来るドロシー
「この姿を待っていたのだよexclamation×2ドロシー」hippari2.jpg
このタイミングを逃さず、「いい子ね〜」と声をかけ一緒に歩く
かなり良い調子ですGood

しかし、いつもボール遊びをする広場に近づくと、
異常興奮状態に陥ってしまうドロシーあせあせ(飛び散る汗)hippari1.jpg
引っ張りが酷くてたどり着けず、広場手前で「あ〜残念」とそのまま帰宅した事が何回かありますもうやだ〜(悲しい顔)

しかし、この所、時間をかけながらも到着出来るようになりました。
そして、ボール遊びを楽しむドロシーなのですが、行きでかなりのエネルギーを使ってしまう為、帰る頃には
暑さも手伝って、もうヘロヘロ状態。   hippari3.jpg

引っ張る右立ち止まるを繰り返した為か、この所、膝が痛む母を酷使し、抱っこして帰路に向かうドロシーです顔(なに〜)


ニックネーム グリンダ at 23:50| Comment(4) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

トレーニングは楽しく♪

最近しつけ方教室では、アジリティのレッスンと、オビディエンス(服従訓練)を受けています。
アジリティはドロシーが得意とする事ですし、お互いの信頼関係を築くのに良いそうなのですGood

その日も格好良くハードルを跳んで見せたドロシーClap
(一緒にレッスンする為、写真が撮れなくて残念)
しかし、直ぐに他の事に気を取られ、コースアウトしてしまうのが困ります顔(汗)

いつも楽しい雰囲気の中でトレーニングを進めて下さるK先生です。

その日のオビディエンスに、ドロシーのお付き合いをしてくれたワンちゃんは、チャイニーズ・クレステッドのヌーボー君(生後5ヶ月の男の子)
思わず「マルチーズですか?」と聞いて、恥をかいてしまいました。

初対面の2頭ですが、一目合った瞬間から
すっかり意気投合手(チョキ)            tanosiku2.jpg
あんなに楽しそうにワンちゃんを追いかけ回すダッシュ(走り出すさま)
ドロシーの姿は初めて見ました。     tanosiku3.jpg
まるで弾丸のようにヌーボー君
突進して行くドロシー。           tanosiku1.jpg
そして、ドロシーに転がされても転がされても、めげずに起き上がり、まだぎこちない足つきで楽しそうに走り回るヌーボー君

こうやって楽しく遊びながら、呼び戻しのトレーニングです。
飼い主が、「オイデ」で自分の犬を呼び戻すわけですが、そうする事で、犬が飼い主の「オイデ」を聞き分ける事が出来るようになるのです。

そして、いつの間にかドロシーの姿が見えない・・・
すると、隅のほうで土に同化して休むドロシーtanosiku4.jpg
「あ〜ドロシーが疲れているexclamation×2」一同大爆笑
疲れ知らずのドロシーもパピーのパワーには勝てないようでした。

楽しそうなドロシーだったのですが、母の「オイデ」を聞き分けられるようになってくれたでしょうか?



ニックネーム グリンダ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

いざと言う時役立つ、クレートトレーニング

先日、母が妹と久々に出かけた時の事。
「久々だから泊めてもらって良い?」という妹の一言で、夜遅く妹と一緒に帰宅しました。

母の帰りを待っていた(?)ドロシーは、妹の姿を一目見るなり、嬉しくてたまらず、激しい興奮状態に陥ってしまったのです。
(悲しい事ですが、こうなっては、母の事など、どうでも良くなって
 しまうのですもうやだ〜(悲しい顔)
「会いたかったよ〜るんるん」と大騒ぎ。kawaru1.jpg
そして更に、横になっても頭ほりほりが続く。

しかし、ショッピングや食い歩きで、すっかり疲れた私達は、ドロシーのしつこさにもめげず夢の中へ眠い(睡眠)
いつまでも、ドロシーの興奮を鎮める為、悪戦苦闘していたドロシー父
夜中の3時過ぎてから突然閃いたらしいひらめき
「そうだ、バリケンexclamation×2

朝、目覚めて「ドロシーがいない」と叫んだ母なのですが、夜中の様子を聞いてビックリ顔(なに〜)
「初めからバリケンで休ませたら良かったね顔(ペロッ)

朝、バリケンから出たドロシーは、kawaru2.jpg
まだまだ興奮が止まらない様子でしたが、
突然「犬が変わったexclamation×2」と妹。   kawaru3.jpg
確かにある瞬間から冷静になったドロシーでした。

クレートトレーニングが、ほぼ完璧なドロシーにとって、クレートの中は居心地良く、落ち着ける場所になっているのです。

クレートトレーニングは大切な事と改めて感じましたGood

ニックネーム グリンダ at 16:46| Comment(2) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

「ドロシー、オイデ」が使えない!?

「ドロシー、オイデ」は一番大切な言葉。
最初から、慎重に繰り返し教えてきました。

しかし、最近では、言葉をわかっていながら無視するドロシーに対して、指示に従わない場合は無視する方法を取り入れてみました。

ところが、少しも効果は無い様子もうやだ〜(悲しい顔) wakaru2.jpg
いくら母が悲痛な叫び声を上げようとも、ドロシーが母に従っても良い事がないと判断した場合は
全くの無視犬(怒)               wakaru3.jpg

こうなってしまった原因 
 1 「ドロシー、オイデ」と呼びながら、彼女にとって嫌な事をしていた。
 2絶対に来る様子も無い状態の中で「ドロシー、オイデ」をむやみやたらに繰り返した。

このままでは一大事です顔(汗)
「オイデ」という言葉は、日常生活の中、ついつい無意識に使ってしまう言葉です。
そこで、号令を「オイデ」から「カム」に変えてレッスンを開始しました。
今のところ「カム」の号令には生き生きとした表情で駆け寄って来るダッシュ(走り出すさま) ドロシー
同じ失敗は出来ません。
初心に帰って、慎重にレッスンしていきたいと思っていますパンチ
ニックネーム グリンダ at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

まだまだ困っています「引っ張り癖」

お散歩が大好きな我が家のドロシー犬(足)
お恥ずかしいことに、いまだに引っ張り癖解消のトレーニングは一進一退の状況が続いていますもうやだ〜(悲しい顔)
そこで、最近引っ張り癖防止グッズ、
イージーウォークハーネスを購入。i-ji-1.jpg
このハーネスは犬の意識とは無関係におこる「反射」を上手に利用して犬自身が引く事を自然に止めるようになるという優れものGood

今のところ、カラーで引っ張るような首への負担がかからず良い感じではあるのですが・・・
それでも前へ前へとグイグイ引っ張っぱろうとするドロシー顔(なに〜)

いずれは、母と一緒に歩調を合わせての楽しいお散歩は
実現出来るのでしょうか?       i-ji-2.jpg

ニックネーム グリンダ at 23:48| Comment(7) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

犬はハッキリした人が好き!?

犬のしつけ方教室、新学期初日は・・・
 S先生「では、ドロシーちゃんをヒールポジションに
      入れて下さいexclamation

「えっ、随分突然なんじゃないですか?
実は暫く練習していない動作でした。
早速「ヒール!」と号令をかけ、手で誘導。
ところが・・・
母の号令に全く従わず、吠えながら母の手に
噛み噛み攻撃を仕掛けてくるドロシー。  hakkiri1.jpg
(痛い程噛んだりしませんが・・・)
実は、最近ドロシーのこのような行動が頻発して困っていたのですもうやだ〜(悲しい顔)

そこで、S先生に代わって頂く。
先生は「ヒールexclamation」と号令をかけた後、初めの数回はご褒美を持った手で誘導し、その後、手のみで誘導される。
何と、全く噛み噛み攻撃を仕掛ける事無くヒールポジション決定

 S先生「犬はハッキリ伝えてくれる人が好きなんですよexclamation

母が上手くいかなかった原因 
 1 母の誘導の仕方があまりにあやふやでわかりにくかった
 2 突然、いつもと違った場所で、ドロシーに指示する事に対しての
     考慮が無かった(ご褒美の利用など・・・)

どうやら、ドロシーは母に向かって
「私は何をしたらいいのよ〜。ハッキリしてよexclamation×2って訴えていたらしい。

日々の人間関係においても、自分の考えをハッキリ人に伝える事が苦手な母です。
それが、ドロシーとのコミュニケーションにおいても障害にもなっていたなんて・・・がく〜(落胆した顔)
自分の欠点をなおす為の努力が必要ですね。hakkiri2.jpg







ニックネーム グリンダ at 21:20| Comment(3) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

ドロシー、いよいよ活動開始!!

本日ドロシーは母の実家へ2泊3日でお年始に出かけます車(セダン)
そして、明日はいよいよ今年初めてのしつけ方教室パンチ
      ※母の実家から近い為

久々のレッスン、確か宿題が・・・顔(汗) katudou2.jpg
昨年暮れより、ドロシーはクリッカーを使ったレッスンを開始しました。
“クリッカー”とは、           katudou1.jpg
愛犬とのコミュニケーションの道具。
クリッカーを「カチン!」と鳴らす事で「そうそう、それで良いのよ!」と伝える事が出来るのです。
このトレーニングはゲーム感覚で出来るので、ドロシーにはピッタリの方法だと思っています。
彼女もとっても楽しんでいるようですGoodkatudou3.jpg

確か、宿題は・・・
 1「オスワリ」「フセ」など基本的な号令に従えたら
     「カチン」右 良い子右 ご褒美
 2手を色々な方向にかざして見て、ドロシーが鼻先でタッチしたら
     「カチン」右 良い子右 ご褒美
 3ドロシーが他の犬を見て吠えずにいられたら
     「カチン」右 良い子右 ご褒美
    更に、その後黙って母の方を見たら
     「カチン」右 良い子右 ご褒美
        
と盛り沢山exclamation×2

正月気分が中々抜けず、のんびり、ダラダラ過ごしている私達。

きっと、明日は・・・
 S先生「お休み中、ドロシーちゃんの家での様子はいかがでしたか?
  母  「つい、ダラダラ過ごしてしまって・・・」
      ※嘘をついても、ドロシーの様子を見れば、
       S先生にはきっとお見通しでしょうから・・・

 S先生「どうしてですか〜。ダメですよ」

明日のレッスンの光景が目に浮かびます顔(なに〜)

ニックネーム グリンダ at 14:01| Comment(6) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

興奮しやすい犬に・・・

散歩の時、時々大型犬が着けているのを見かける
ジェントルリーダー
引っ張り癖のある犬に効果的と聞いた事がありましたが、それだけで無く、興奮しやすい犬も装着する事で落ち着かせる効果があるそうです。

何かと言えば直ぐに興奮してしまう我が家のドロシー犬(足)
引っ張り癖の矯正も重なり、ジェントルリーダーを使った方が良いとしつけ方教室のS先生に勧められました。
小型犬用の可愛いものを見てビックリ目     jenntoru 1.jpg

実は以前、大型犬が着けているのを見た周囲の方の「ま〜口輪なんかして可愛そう〜」という言葉を聞いた事もあり、少し抵抗がありました。

しかし、このようなしつけグッズを利用する事で、飼い主と愛犬が、お互いにストレスを軽減でき、効果的なトレーニングが出来るという事ですGood

まずはジェントルリーダーに慣れる事からです。
そこで、遊ぶ時、牛アキレスを噛む時など、
楽しい時にジェントルリーダーを装着しています。jenntoru2.jpg
今、夢中になっている時には気にしなくなってきたと思われるドロシー
しかし、少しでも間が空くと気にして顔を引っかく動作が・・・顔(汗)
「あ〜、大変exclamation
そして、いつもの遊びを、より刺激的にする為、ワ〜ワ〜、キャ〜キャ〜大騒ぎあせあせ(飛び散る汗)
努力努力の毎日です。
「ふあ〜今日も疲れた〜exclamation

注:ジェントルリーダーは使い方を間違えると大変危険との事です。
  必ず専門家の指導を受けてから使用しましょう


ニックネーム グリンダ at 11:58| Comment(5) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

お散歩トレーニングの成果は・・・

お散歩がすっかり下手になってしまった我が家のドロシー
そこで、伸縮リードでの自由遊びは暫くお休みし、ひたすらお散歩トレーニングに励む事にしました。

方法
 1出来るだけ人通りが無く、刺激の少ない場所を選ぶ
 2初心に帰り、ブラブラ歩きながら、リードを引っ張っていない時に
  「いい子」右 ご褒美
  (最も今はそのタイミングさえ難しいかも・・・)
 3引っ張りに対して「重心が違いますよ〜」とリードをコントロールして教える。

朝は早くから、夕方は日が暮れるまで、普通の二倍以上の時間をかけて歩く苦しい道のり・・・
「もういい加減にして〜」と叫びたい気持ちをこらえて頑張りました。
そして・・・
久々に見ることが出来たドロシー
母を見上げる表情決定         jyouzu2.jpg
ドロシー、上手exclamation上手exclamation×2Clap   jyouzu1.jpg
しかし、相変わらず木の葉にじゃれついたり、自転車を追いかけようとしたりと油断は禁物顔(なに〜)

また少しずつ刺激のある所へと場所を移して、お散歩トレーニングを続けるつもりですパンチ


ニックネーム グリンダ at 21:34| Comment(3) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする