2012年09月21日

我が家のスポーツドッグ達(・_・;)

我が家のドロシー&アリスは大変活動的なワンコ達です(・_・;)

2012aki6.JPG

もっとも、アリスは父が足の速い犬を望んで迎えた犬ですからねexclamation×2

しかし、ドロシー母は幼少の頃から大の運動音痴だったわけでして、まさか2頭の活動的な犬達と一緒に走る事になるなんて夢にも思わなかったのです顔(なに〜)

しかし、愛犬達の嬉しそうな顔が見たい一心で、この秋のスーパードッグスコンペティションに向けて猛特訓中ですパンチ

ドロシー父は母の道楽って言いますけどね。って言うか実はアリスは父と走る予定だったんですよね(-_-メ)

この秋ハードルデビューする予定のアリス黒ハート

2012aki5.JPG

2012aki3.JPG

2012aki4.JPG



先日、やっとやっとショートカット(ハンドラーはスタートからゴールまでほぼ直線で走って犬と一緒に走らない)に成功Clap
「頼むから母を無視して一人で走り抜いてね」って言い聞かせながらの練習です。

ドロシーは、ハードルは楽しんでまするんるん
タイム〜?そんな事気にしません。

アジリティーは、集中さえしていれば、母をしっかり見てついて来れるようにはなったのですが・・・
ウ〜ン難しい顔(汗)

2012aki2.JPG

しかし、彼女は彼女なりにいつも楽しんでいまするんるん

とっても上手に出来た時には、更にこんな風に下更に楽しんでいます

2012aki1.JPG

スポーツって言うとドキドキしちゃう母ですが、楽しむぞ〜グッド(上向き矢印)

※いつも犬達と一緒に走っているので、中々写真が撮れませんでしたあせあせ(飛び散る汗)


ニックネーム グリンダ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけ方教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

アジリティー大好き!!

ドッグスポーツは大好きな我が家のドロシー犬(笑)
5月の大会に向けて今年はアジリティー初挑戦しようと張り切っていますパンチ

ところが、教室のフィールドに入ると嬉しくて異常に興奮してしまって、もう吠えるは、走りまわるは大騒ぎあせあせ(飛び散る汗)
その為、S先生よりアジリティーは暫くストップの指示が出ていましたもうやだ〜(悲しい顔)

しかし、先週のレッスンでは、シェルティのハルちゃん、ジャックラッセルテリアのラルちゃんと一緒に挑戦してみました。

母がマゴマゴして指示が遅れると「早くしろー犬(怒)」とすねに歯を当てるドロシーでしたが、何とか集中して頑張る事が出来ました手(チョキ)

sumairu1.JPG

sumairu2.JPG

レッスンの後はハルちゃんのママに新しく出来たペットショップ「スマイルワン」に連れて行ってもらいましたわーい(嬉しい顔)

sumairu3.JPG

ハルちゃんと一緒にショップの中を歩いたのですが、実はお店の中を歩くのは初体験。
吠える事やマーキング・・とっても心配でした顔(汗)

「わあ〜可愛い 触ってもいいですか〜」と、撫でたり抱っこしてもらったり、突然正面からやって来て黙って撫でて行く人もいて騒ぎexclamation×2
ところが、ドロシーは一度も吠える事は無く良い子でショッピング出来たようです。
初めての環境の中、大勢の人がいて、ただビックリして声が出なかったといった状態だったのですがね顔(チラッ)

色々な誘惑はあったのですが、この日はkumaのアップル&蜂蜜のマフィンとせんべい(青のり味)を購入しました犬(笑)

sumairu4.JPG




ニックネーム グリンダ at 23:25| Comment(8) | TrackBack(0) | しつけ方教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

ドッグランでのドロシーは・・・

広いドッグランでノーリードで駆け回るドロシーの姿は本当に楽しそうでするんるん
そこで、今まで方々のドッグランへドロシーを連れて出かけました車(セダン)

kowai3.JPG

最近犬関係のプロの方と話す機会が多いのですが、皆さん一様に「自分の犬は遊ばせたくないわね〜」っておっしゃいますがく〜(落胆した顔)

先日K先生の愛犬のアルビレックスちゃん ドロシーの遊んでいる写真を一目見たK先生
「アルビちゃん、背中の毛立ってるね〜」って
恥ずかしい事に全く言われるまで気付かなかった私顔(汗)

 問題のこの写真下

kowai1.JPG

鼻にしわを寄せて唸るドロシーに対して、
「貴女、何だか怖いわよ〜」ってアルビちゃんは明らかに恐怖を感じていますがく〜(落胆した顔)

しかし
一分後のこの写真下

kowai2.JPG

「怒っていないで遊ぼうよ〜るんるん」って直ぐに気持ちを切り替えてくれたアルビちゃん顔(メロメロ)

もし、相手が恐がりだったり、気が短い子だったらドロシーは噛みつかれていた事でしょう顔(なに〜)

この日、K先生から怖〜い話を伺いましたexclamation×2

ダルメシアンがピっピッって鳴る玩具で遊んでいました。
彼女は喉が渇いたので水を飲む為、玩具をその場に置いて水を飲みに行きました。
その玩具の傍をコッカーが(玩具を取るつもりは無く)通り過ぎようとしました。
それを見たダルメシアンは慌てて走り寄り、コッカーを咥えて三回振り、投げましたがく〜(落胆した顔)
コッカーの背中には四つの犬歯による穴が開き、背中の表皮と、真皮が剥がれてしまたんだそうです。
しかし、コッカーは幸い一命は取り留めたそうですが・・・


お話を伺って、「ドロシーが生きていてくれて良かった〜exclamation×2」って思わずドロシーを抱きしめていましたもうやだ〜(悲しい顔)
ドッグランでの事故は交通事故のようなもの。
度々起こる事ではありませんが、ドロシーのように犬と上手に遊べない子は特に注意が必要ですね。
これからは、管理がしっかりと行き届いたドッグランを選びたいと思います。
ニックネーム グリンダ at 23:55| Comment(7) | TrackBack(0) | しつけ方教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

トレーニングを頑張ったご褒美は♪

先週はドロシー地方もこの冬一番の大雪になりました雪
大雪だったのですが、しつけ方教室を予約していましたので、出かけて来ました車(セダン) 
教室の方は雪が少ないと信じて・・・
ところが、やっぱりこの冬一番の大雪exclamation×2

しかし、レッスンでは「刺激の中で落ち着いている練習」を頑張りましたパンチ
今のドロシーには一番大切な事ですから・・・

レッスンの後、頑張ったご褒美に雪が積もったフィールドで遊ばせて頂く事にしましたるんるん
ボールで遊ぼうって思ったのですが、折角なのでK先生にお願いして教室のワンちゃん達と遊ばせて頂きましたわーい(嬉しい顔)

K先生の愛犬ラブラドール・レトリーバーのアルビレックスちゃんと、M先生の愛犬チャイニーズ・クレステッドのヌーボー君

ranran1.JPG

2頭はとって仲良しるんるん

ranran2.JPG

ranran3.JPG

時々教室のワンちゃん達みんなでワ〜って遊ぶんですって顔(笑)

2頭の遊びの中に入って行けないドロシー
まだ、幼犬だった頃遊んで頂いたんですが・・・

ranran4.JPG

「一緒に遊ぼ」って優しく誘ってくれるアルビレックスちゃんに、
鼻にしわを寄せ「遊ばないよ」ってガウガウするドロシー顔(なに〜)
なのに、諦めず誘ってくれるアルビレックスちゃん

ranran5.JPG

ranran6.JPG

「なんて良い子だ〜exclamation×2」大感激の母顔(泣)
母ならあんな感じの悪い女とは絶対遊ばないところですよ〜ちっ(怒った顔)

そのうち、2頭と一緒に楽しそうに遊び始めたドロシーです顔(笑)

ranran7.JPG

ranran8.JPG


ドロシーが幼い頃、社会化レッスンを頑張ったつもりでしたが、犬に対しての社会化が足りなかったようですね。
何しろ生後45日目と、早めに親や兄弟から離れたわけですから・・・
ドッグランでも始めからボール遊びをさせた事もいけなかったと反省します。



楽しそうに遊ぶ様子はこちら・・・
ニックネーム グリンダ at 21:53| Comment(5) | TrackBack(0) | しつけ方教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

犬のしつけ方教室の練習会に参加

春になると、県内では動物愛護協会主催の「犬のしつけ方教室」が各地域で開催されます犬(笑)

私たちが所属するスポーツ・ドッグ・クラブ・ジャパンでは新潟市内で開催されるしつけ方教室をボランティアでお手伝いする事になりましたパンチ

暫くは月2回夜20〜22時迄の練習会が続きます。
ドロシー地方から通うのは、正直かなりきついですふらふら

みんな愛犬同伴で出席して愛犬と共に色々な事を勉強します。

先週は17頭のワンちゃんと飼い主さんが参加して練習会が行われました。

狭いスペース内で多くの初対面のワンちゃん達が対面するのは大変な事です。

snoot3.JPG

特に我が家のドロシーはこういった環境の中では直ぐに興奮してしまうので、かなり神経を使います顔(汗)

案の定玄関先で「う〜」って唸り始めたドロシー顔(なに〜)
こんな時は、今まで「ジェントル・リーダー」を愛用していたわけですが、今回は、昨年のTタッチセミナーの時に購入した「SNOOT LOOP」という物を使用してみました。

snoot1.JPG

snoot2.JPG

これは、「ジェントル・リーダー」よりかなり緩く、鼻を締め付ける事はないのですが、興奮状態を鎮めるのにかなり効果がありましたexclamation×2
何より犬に優しいので、私としてはかなり気に入りましたGood

すっかり、興奮状態が静まったドロシーは、この日の最後に行われたゲーム「だるまさんが転んだ??」に参加してみんなと一緒に楽しみましたよ顔(笑)


新潟で開催される犬のしつけ方教室のお知らせはこちら・・・
ニックネーム グリンダ at 22:47| Comment(2) | TrackBack(0) | しつけ方教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

ケン・マッコートによる公開カウンセリングに参加!

10月2日ドロシーの通うしつけ方教室で、「ケン・マッコートによる問題のある犬の公開個別カウンセリング」が開催されましたexclamation×2

5頭の犬がカウンセリングを受けました。
勿論、我が家のドロシーも「刺激に興奮しやすい犬」として参加しました。

「興奮しやすい犬、ドロシー」下
kenn1.JPG


その他、とっても臆病な犬、物を守る犬、噛む犬、じっとしている事が苦手な犬と様々なタイプの犬のカウンセリングを見学させて頂きました。

ドロシーが見せた事の無い、色々な犬の行動やカーミングシグナルが興味深かったです。

その中でも、臆病なアイリッシュ・セッターちゃんの行動に驚きました。
ケン先生を警戒して中々傍まで行くのが大変だったアイリッシュ・セッターちゃんです。
途中、ケン先生がほうったチーズが一切れ私の足元に・・・目
その時から、やたらとアイリッシュ・セッターちゃんと目が合ってしまうので、「私には敵意がありませんよ〜」と目を逸らし続ける事数十分ふらふら
カウンセリング終了後、退場をしたがらない彼女の目的は私の足元のチーズだったのです顔(ペロッ)
少しも躊躇せず、私の足元で目的を果たしたアイリッシュ・セッターちゃんは、随分ご機嫌な様子でしたよわーい(嬉しい顔)
私のカーミングシグナルが、彼女に伝わったようです手(チョキ)

我が家のドロシーはと言いますと・・・
ケン先生の前に立った瞬間、ブルブルっと体を震わすカーミングを出したものの、直ぐにケン先生に魅了されてしまったようです顔(メロメロ)
途中、先生が会場に向って話していると、「キャンキャン」と要求吠えしてわがままぶりを発揮あせあせ(飛び散る汗)

「彼女は、『あなた、話はいいから、私のごはん頂戴よむかっ(怒り)』って言ってま〜す。」って笑われる一こまも・・・顔(なに〜)
しかし、様々な刺激の中、興奮する事無く、1時間以上も先生の足元で良い子が出来ましたClap

ケン先生の犬をすっかり魅了してしまうテクニックはさすがですGood

ドロシーのトレーニングの方向性は・・・
今まで、教室で教えて頂いた事を一つ一つ確実に実行していくことです。

あれほどK先生から口を酸っぱくして教えて頂いていた事・・・
ドロシーをすっかり甘やかし過ぎて、確実に実行出来ていませんでした顔(汗)

ドロドロに疲れ切ったドロシー下
kenn2.JPG

あれから数日、方針を変え努力中です。
それにしても、あのケン先生の絶妙な技・・・
ほんの少しでも近づけるよう努力あるのみですね。




ニックネーム グリンダ at 21:57| Comment(5) | TrackBack(0) | しつけ方教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

アジリティーのレッスンは!?

半年後の大会を目指してアジリティーのレッスンを始めたドロシー犬(足)
先日のレッスンはジャック・ラッセル・テリアの
ラルちゃん(2歳)と一緒でした。bousou1.jpg

最近、よくご一緒させて頂いているのですが、性格が正反対の2頭。
インストラクターのU先生曰く「ラルちゃん はジャックとは思えない程優しくて良い性格」という事は・・・我が家のドロシーは・・・がく〜(落胆した顔)

毎回レッスンの度に、自由な身になるや否やラルちゃに向かって吠えかかって行き、手荒い挨拶を繰り返している困ったドロシーなのですふらふら

この日もまずは先輩のラルちゃんからスタート。
ところが、スルッと母の手をすり抜けたドロシーが大暴走ダッシュ(走り出すさま)
恐怖で引きつった表情で逃げ回るラルちゃんあせあせ(飛び散る汗)

その後のレッスンは、チラチラと横目でドロシーを見ながら、調子の出ない
ラルちゃん

「自分の犬が怖い思いをした時は、一緒に怖がらず『大丈夫よ』と何も無かったように冷静に振舞う事が大切」とU先生は言われるのですが・・・

そして、ドロシーは・・・
全く集中力が無く、気になる場所に勝手にフラフラソワソワ徘徊。
  U先生ドロシーちゃんがハードルやトンネルを3個越える度に
       ご褒美を上げて下さいね」

しかし、凄いスピードでハードルを越え、トンネルをくぐって大暴走を続けるドロシー
しかも、母の指示など全く無視して逆走したりして・・・
本番だったら失格ですちっ(怒った顔)

帰りがけに、ラルちゃんのママが「家に寄っていかない」って誘って下さる。
「こんな私達をですか〜顔(泣)

ドロシーの好奇心旺盛なのは良い事ですが、集中力を身につけるよう頑張らなくてはなりませんね。
そして、
「人様にはくれぐれも迷惑をかけないようにしようねドロシー

                     bousou2.jpg





ニックネーム グリンダ at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | しつけ方教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする