2011年05月13日

もう随分経っちゃいましたが・・・

今年のゴールデンウィークのドロシーは・・・

「つまんないよ〜犬(怒)

sitta-2.JPG

実は母が久々にドッグシッターのお仕事を頂いたからなんです。
朝、晩はドッグシッター、昼は本業、その他主婦業。
「忙しいよ〜あせあせ(飛び散る汗)」バタバタッバタバタッダッシュ(走り出すさま)って嬉しい悲鳴でするんるん


今回のお客様は、甲斐犬ミックスのヤマト君です黒ハート

sitta-1.JPG

シッターを開業して早4年。
最初のお客様で何回もご利用頂いています。
10歳になった彼ですが、遊ぶ事が大好きで無邪気でかわいい子なんです。

ただ・・・
歩く速さが早い早い リード引っ張る引っ張るあせあせ(飛び散る汗)
すっかり困り果てて、パートナードッグの古俣先生にSOSです顔(汗)
いつも直ぐに的確なアドバイスを下さいます(^_^)v

「デビー先生の講義の時習ったでしょ」ってバランスリードを思い出させて下さいましたGood

出来る事ならドッグシッターを本業にしたいと願う日々ですが、残念ながらドロシー地方では中々需要が無いんですよね〜もうやだ〜(悲しい顔)

さてさて、今週末はチョッと落ち着いてドロシー孝行しましょうねハートたち(複数ハート)

ニックネーム グリンダ at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ドッグシッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

可愛がり方色々

今年初めてのドッグシッターの仕事を頂きましたわーい(嬉しい顔)
お客様は、我が家より10q程離れた山間の地域で、ミックス犬の女の子です。
初対面の時から全く私を疑う様子もなく直ぐに手をペロペロと舐めてくれましたGood

外飼いのワンちゃんで、飼い主さんと触れ合う時間は一日二回のお散歩と食事の時だけとの事でした。

しかし、飼い主さんはとっても可愛がっていっらしゃる様子で、おやつも沢山用意してありました。
ただ、飼い主さんとワンちゃんの様子を拝見していると、かなり厳しく躾けていらっしゃる事が見て取れました。

今回の仕事も無事に終える事が出来たのですが、このワンちゃんの事で気になる事が3つありました。
 1話かけても表情が乏しい事(性格もあると思いますが・・・)
 2一緒に歩いていても、一緒にお散歩を楽しんでいる様子では無い事。
 3顔の近くにチョッと手をかざしただけで、顔を背け、首をすくめてしまう事。

家に帰り、ドロシーの様子を見ると「お前調子に乗りすぎだぞ〜むかっ(怒り)」って言いたいくらい。
ドロシーは陽性強化でしつけをしています。
まだまだちっとも良い子とは言えませんが、生き生きと彼女らしく生きているように思います。
そして、少しづつ意志の疎通が図れるようになってきたと感じるこのごろです。

yousei3.JPG

yousei2.JPG


陽性強化が絶対とは言いませんが、私としては陽性強化を少しでも多くの方々に知って頂けたら良いと考えています。
ニックネーム グリンダ at 22:57| Comment(5) | TrackBack(0) | ドッグシッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

シルバーウィークのお仕事は・・・

シルバーウィークに頂いたドッグシッターのお仕事は、シェルティのクッキー君(14歳)のお世話を5日間させて頂きました。

クッキー君 下
siruba- 1.jpg

14歳とは思えないほど若々しくて可愛いんですよ〜ハートたち(複数ハート)

昨日鍵を返しに伺って、ご家族とくつろぐ彼の安心した姿を見て正直ホッとしましたわーい(嬉しい顔)

実は、事前打ち合わせに伺った時に、一時間吠え続けていた彼でしたふらふら
色々話しを伺ったところ、彼の一番好きな事は、どうやら家の中で、大好きな家族とゆったりくつろぐ事のようです。
なので、その中の私の存在すら彼にはストレスになっていたわけですがく〜(落胆した顔)
(お散歩大好きなワンちゃんなら、きっと一緒にお散歩すれば直ぐに心を掴む事が出来るのに・・・もうやだ〜(悲しい顔)

とっても悩んだ末、ドロシー父にも励まされて、とにかく出来るだけの努力はしてみようと決意しましたパンチ

先ずは、少しでも私を受け入れてもらう事。そして、あまり彼の体に触れないようにお世話させて頂く準備をする事でした。
ご旅行前のお忙しい中でしたが、クッキー君のご家族の方は協力して下さいました。

そして、その後毎日通わせて頂き、一日一日クッキー君が私を受け入れてくれている様子が見られたものの、警戒心が全く無くなったわけではありませんでした。
本当なら、ご家族と同じ方法でお世話させて頂くのが理想なのでしょうが、今回は不可能な事が多かったです。
そこで、ご家族の方と良く話し合い、結局お仕事をお受けする事にしました。

その後、お世話に通ううちに、時間はかかったものの、彼なりに頑張って私を受け入れてくれたようで嬉しかったです。
結局「少しは顎の下を撫でても良いけど、しつこくすると『ウ〜』だよ」って感じでしょうか顔(ペロッ)

また一つ仕事を終え、また一つ経験が増えた事を嬉しく思います。
これからも、決して無理をし過ぎる事無く、謙虚な気持ちで、自分が出来る事と出来ない事をしっかり伝えていく事が大切だと思います。

今回、ご協力頂いた、クッキー君のご家族の皆様、U先生、クッキー君の主治医のM先生、そしてドロシー父に感謝いたします。




実は、まだまだ困難が・・・
ニックネーム グリンダ at 23:38| Comment(4) | TrackBack(0) | ドッグシッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

嬉しい電話♪

実は私、ドッグシッターを開業してから一年チョッと経過しましたが、今まで頂いた仕事は何とまだ2つですもうやだ〜(悲しい顔)
この一年、周囲の皆様にも協力して頂いて宣伝活動をしてきました。
しかしこの商売、どうもドロシー地方では需要が無いようです。

ところが、先日一年ぶりに嬉しいお電話を頂きました手(チョキ)

初めてのお客さまで、ヤマト君の飼い主さんからです。
前回とっても助かった事を話され、
「これからもずうっとお願いしたいので、料金はキチンと請求して下さいね」と、
とっても嬉しいお言葉でした顔(笑)

犬にとっては、慣れない所でケージに入って過ごすより、家でのんびり過ごせる事が一番だと思います。
(特に普段ケージに入る習慣の無い子は尚更です)

ドッグシッターの良さを理解して下さり本当に有難く思います。
一生懸命お世話させて頂きます。

家ではこんな風にゴロ〜ンと寝転んだり

rirakkusu1.JPG

お気に入りの場所でボ〜と過ごしたり

rirakkusu2.JPG
ニックネーム グリンダ at 15:24| Comment(4) | TrackBack(0) | ドッグシッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

まだまだ遠い看板犬への道

春になってからお休みの日は、しつけ方教室のお手伝い、動物ふれあい方教室、狂犬病の予・注射のお手伝いと、動物ボランティア三昧の日々を送るドロシー母です。

デモンストレーションや訪問活動に参加出来ないドロシーは当然お留守番です犬(怒)

特別養護老人ホームの訪問活動は何回か行った事があるのですが、今回は保育園訪問の案内を頂いて初めて参加しました。

保育園はホント賑やかで、可愛くて楽かったなるんるん
子供と犬のいる生活ってホント楽しいですねexclamation×2
今度から訪問活動に参加するなら保育園に決まりですGood

今回初対面で、ラブを連れて参加されたボランティアさんに、動物管理センターの方が「○○さんは、訪問活動より、犬のしつけの方が専門なんですよ〜」なんて紹介して下さったものだから、話がややこしい事になってしまったです顔(汗)
「じゃあ、何で自分の犬を連れて来れないの」って話ですよね。

我が家のドロシーですか〜?
子供は大好きです犬(笑)
子供と楽しく遊べる犬である事は自慢したいですパンチ
しかし・・・
訪問活動しているワンちゃん達って、何が起きようとも決して動じないんです。
ビックリして固まっている事はありますが・・・

保育園の中、色々な聞きなれない音の中で、大興奮するドロシーの姿が目に浮かびます顔(なに〜)

この日の夕方、散歩の時でも、やたらと興奮しまくるドロシーむかっ(怒り)
「あなたは、いつになったら看板犬になれるのちっ(怒った顔)

しかし、私は、何かをしたいと思ってこの子を・んだわけでは無くて、元気一杯なケアンテリアがただ欲しかったんです。
そして、彼女が様々な問題を提起してくれるお陰で、躾の勉強が出来るわけです。

決して無理せずチームドロシーのペースで、少しずつでもドロシーと一緒に出来る事を増やして行けたら良いと思いますわーい(嬉しい顔)

「ところで、あなたは何処でくつろいでいるわけ〜exclamation&question

かんばんけん1.JPG

「オフでしょ。 オフむかっ(怒り)

かんばんけん3.JPG
ニックネーム グリンダ at 06:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ドッグシッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

初めてのお客様

一週間前、3連休の時の事なのですが、実は副業であるペットシッターの初仕事を頂きました手(チョキ)
実は、一応開業してから2ヶ月近く経ち、方々にご挨拶に伺ったのですが何の音沙汰も無く、チョッと絶望していたのですもうやだ〜(悲しい顔)

ドロシーの主治医のU先生から御紹介頂いたお客様は、甲斐犬ミックスの男の子でヤマト君です。
sigoto3.jpg

先ずは、飼い主さんとヤマト君にキチンと挨拶して、ヤマト君と仲良しにならなくては・・・
体重が14sもあるヤマト君のお世話が出来るかしら?(正直、普段ドロシー以外の子と接する機会があまりないのです)
留守になったお宅で、ヤマト君のテリトリーに侵入した時、彼の反応はどうかしら?

様々な不安を抱えながら、慎重に一つ一つ問題を解決するのは正直とっても大変でした顔(汗)

しかし、とっても優しくて素敵な飼い主さんでした。(実は本業の同業者で・・・わーい(嬉しい顔)

初めはチョッと警戒気味だったヤマト君も、特に激しくテリトリーを守る事も無く、2日目の朝に訪問した時にはクルンッてお腹を見せて、甘えてくれたのです顔(メロメロ)

3日間、片道18kmの道のりを合計7回往復してお世話を終え、3日目の夕方無事に帰られたという連絡を頂いた時には本当にホッとしました。
初めてのお客様がフレンドリーな良い子でラッキーでしたexclamation×2

今回仕事を終えてみて、体力、注意力共に、日々ドロシーに鍛えられている自分を感じました。
色々な課題を与えてくれるドロシーは、最高のパートナーですね。

しかし、一度仕事に取り掛かると、ドロシーはさておき、先ずはヤマト君
思っていたより大変な仕事です。

ドロシー地方では、初めてのドッグシッターなので、厳しい現状ですが、 色々考えて始めた事です。
地道に努力していくのみですね。

最高のパートナー黒ハート
sigoto2.jpg


ニックネーム グリンダ at 11:33| Comment(5) | TrackBack(0) | ドッグシッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

先代犬が残してくれたもの

4年前、2年間の闘病生活の末に、先代犬チッチが16歳でこの世を去りました。
2年の間てんかん発作に苦しみました。
発作の頻度が次第に増し、一人にしておけず、私はやむなく仕事を辞めました。
自分の天職だと思い、乗りに乗っていた時だったので、かなり辛かったですもうやだ〜(悲しい顔)
その後は、チッチの具合を見ながら職場を変えたり、休んだり・・・
正直、仕事の時だけでも誰か代わりに看てくれる人がいたら、どんなに助かるだろうと思ったものです。

そして、彼女を亡くし、もう会えないと思った時、彼女が私に残してくれたものは何だろうって考えました。
彼女が生きた証を何か残したい・・・

ちっち1.jpg


そして、犬と暮らす人達が、より楽しく、安心して暮らせるお手伝いが出来る仕事をしたいと思い立ちました。
全く職違いなのですが・・・ふらふら

そして、4年間の努力が実り、先日ドッグシッターの資格試験に合格しました手(チョキ)

今まで夢だった事が現実になったわけですが、技術、知識共にまだまだなので、正直とってもしんどいです顔(汗)

ドロシーが我が家へ来る前からお世話になっているドロシーの主治医のU先生、しつけ方教室のK先生のお力をお借りしながら、自分の出来る事から少しづつ始めていくつもりです。

ちっち3.jpg


ニックネーム グリンダ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ドッグシッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする